BLOG ・ ブログ


2021.03.07 Sunday ブライダルコラム

ジュエリーショップは入りづらい?結婚指輪のオーダーメイド専門店が答える来店前の不安なこと

ジュエリーショップはちょっと入りづらい、、
そんなお声を聞くことがあります。
私はジュエリーショップの人ですが
すこしだけそのお気持ちがわかります。
 
私の知る限りでの
一般的なジュエリーショップを想像してみると
 
店内は明るく白く可愛らしかったり、
非日常的な高級感を出していたり、
ライトが煌々と光っていたり。
ズラっと並ぶガラスケースと
その奥に佇む
ビシッとスーツを着たスタッフ。
 
男性女性に関係なく
初めてジュエリーショップに入ろうとしている方や、
1人で指輪を探しに来た方は
「なんか入りづらいなあ」
と思うこともあるかもしれません。
 
そこで今回は
結婚指輪のオーダーメイド専門店が
ジュエリーショップ来店前の気になることについて
書いていこうと思います。
 
服装や内装の理由など、
お客様が来店する前に
不安になってるかもしれないなと思うことを
想像力をいっぱいにして考えました。
 
来店前の不安な気持ちを
少しでも軽くできれば嬉しいです。
 

 
 

1.来店前の不安なこと


結婚指輪 オーダーメイド 代官山
 
結婚指輪や婚約指輪を見に行く際
お店側の気持ちとしては
下見だけでも大歓迎なので
是非いらっしゃってくださいね
という気持ちなのですが、
 
お客様側はどんなことを
不安に思われているのかと
色々とネットで調べてみました。
いくつかご紹介して、
お店の立場から答えてみようと思います。
 
 
 
・感染症対策は行われているの?
 
2021年2月現在では行われているお店が多く感じます。
むしろ対策をしていることを発信していないお店は
私が調べている中ではほとんどみられません。
 
規模の違いやスタッフ数の違いもあると思いますし
お店によって対策の程度は異なりますが、
基本カウンターや机越しに向かい合う
接客スタイルが多いので
出来るだけお客様が心配しないように
対策をしているお店が多く感じます。
 
来店前にウェブサイトやSNSなどで
どんな対策をしているか調べてみると
良いかもしれません。
 
ちなみに当店の感染症予防対策は
下記のページからご覧いただけます。
 
hitotsuchi 完全予約制・感染予防対策についてのお知らせ 
 
 
 
・予約はした方がいいの?
 
できればした方がいいと思います。
1つは感染予防対策の面。
2021年2月現在は
新型ウィルスの影響で
完全予約制を取っていたり
普段は予約が必要ないところでも
予約制にしていたりします。
 
もう1つは案内してくれる
スタッフさんの確保です。
とりあえず見るだけの予定の方には
ピンとこないかもしれませんが
結婚指輪も婚約指輪も指につけると
印象が変わることが結構あります。
お洋服なんかもそうですよね。
 
せっかくお店まで見に行ったなら
気になった結婚指輪や婚約指輪は
試着した方がいいですし、
予約したから、試着したからといって
購入しなければいけないことはありません。
 
ガラスケースに入っているお店では
スタッフがケースから出さないと
触れることもできないので
できれば事前にご予約して
案内してくれるスタッフを
確保してみてください。
 
 
 
・来店時の服装は?
 
基本的に外に出れる格好なら
どんな格好でも大丈夫です。
 
ついでに当店は
Tシャツ、ジーンズ、スニーカーで
なんの問題もありません。
もちろん、お仕事帰りで
スーツを着てても大丈夫ですよ!
お気軽にいらっしゃってください。
 
当店がどんな服装でも
なんの問題もない理由としては、
お店がナチュラルな雰囲気で
デザイナーも基本カジュアルな服装ですし
 
場所が代官山という立地で
銀座や表参道とはまた違った雰囲気である
というのもあると思います。
 
代官山といえばおしゃれなイメージですが
存在しているお店自体は
かしこまっているところばかりでもなく
のんびりランチやショッピングを
気軽に楽しめるエリアなんですよ。
 
今はTシャツ、ジーンズでも十分清潔感は出せますし、
スーツやジャケットじゃなければダメというのも
時代錯誤かなと思います。
 
ただ、ガラスケースが並ぶ
ジュエリーショップらしいショップや
普段は行かないような高級ブランドのお店は
国内の店舗ならお客様がどんな格好でも
歓迎して迎えてくれると思うのですが、
対応してくれるスタッフさんはおそらくスーツなので、
 
お客様の気持ち的に気になるようであれば
ジャケットを羽織ったり、綺麗目な格好の方が
気兼ねなく落ち着いて結婚指輪や婚約指輪を
見ることができるかもしれません。
 
 
 
・下見だけでの予約は迷惑ではない?
 
下見だけのお客様もいらっしゃいます。
全然迷惑ではないです。歓迎いたします。
 
結婚指輪や婚約指輪は
大切なお買い物だと思うので
無理のない程度に
気になるお店や指輪は直接つけてみたり
スタッフに色々と相談してみると良いと思います。
 
予約までして、時間をとってもらってまでして
下見だけなんて失礼じゃないか?という
お気遣いもとても嬉しいですが
ネットやSNSでお店に興味を持ってくれた方が
実際に見に来てくれるだけでも
嬉しい出会いだと思っていますので
下見はお気軽にしてみてください。
 
 
 
・1人でも大丈夫?
 
お目当てが結婚指輪でも婚約指輪でも
お1人でご来店いただいて大丈夫です。
変わらず丁寧に対応させていただきますし
他のジュエリーショップもそれは同じだと思います。
 
プロポーズのためにお一人で来店される方や
下見だけなので1人で行きたいという方も
いらっしゃいますよ。
 
ついでに、
世間一般的にジュエリー販売スタッフは女性が多い中
当店は最初から最後まで対応するデザイナーが男性なので
カップルでいらっしゃるお客様からだけでなく、
お一人でいらっしゃる男性のお客様からも
色々話しやすかったと嬉しいお言葉を
いただくこともあります。
 
ぜひ、お一人でもお二人でも
お気軽にご来店ください。
 
 
 
・自分の指輪のサイズを知らない、
石や金属の種類などもよくわからない。

 
ご自身やお相手の指輪のサイズを知らなくても
結婚指輪や婚約指輪を扱っているお店なら
お店で測れますのでご安心ください。
 
サプライズの場合は
指輪のサイズをお測りすることが出来ないので
お話を聞きながら
おおよそのサイズでお作りして
後ほどサイズ直しさせていただきます。
当店はサイズ直しが回数制限なく無料ですし、
他のお店でも1回はサイズ直しを無料にしている
ことろが多いです。
 
また金属の種類や石の種類、
誕生石などがわからなくても大丈夫です。
石を入れたいとき、金属の種類を変えたいときは
お気軽にご質問くださいね。
 
 
 
・予算は伝えた方がいいの?
 
もしあらかじめご予算があったり
このくらいの値段で結婚指輪や婚約指輪を
作りたいというご希望があるようでしたら
ご相談の際にお伝えいただければと思います。
 
結婚指輪や婚約指輪のお値段は
ピンからキリまで幅がありますので
ご予算にあった指輪を
ご案内してくれると思います。
 
 
 
・値段が高いってどのくらいなの?
 
結婚指輪や婚約指輪は
素材が貴金属やダイヤモンドなので
アクセサリーのお値段(2〜3万円程度)では
買うことができません。
 
おおよその目安として
既製品やセミオーダーでは
結婚指輪の場合は最低でも
1本6万円〜はかかってくるかと思います。
婚約指輪も最近はお安いものもありますが、
1本10万円〜はかかってくるかと思います。
 
またプラチナをご希望される場合は
もう少し値段が上がります。
 
金額はお店ごとに違うと思うのですが
参考までにhitotsuchiのセミオーダーで
一番価格がお手頃な品番をご紹介します。
K18のお値段とプラチナ950のお値段です。
リンクから着用画像などが見れますので
ご参考になさってください。
 
【セミオーダー結婚指輪】
HMR006 ¥66,000[K18] ¥88,000[PT950]
HMR020 ¥66,000[K18] ¥88,000[PT950]
HMR033 ¥55,000[K18] ¥77,000[PT950]
HMR034 ¥55,000[K18] ¥77,000[PT950]
 
【セミオーダー婚約指輪】
HER013 ¥110,000[K18] ¥132,000[PT950]
HER037 ¥110,000[K18] ¥132,000[PT950]
HER010 ¥71,500[K18] ¥93,500[PT950]
 
全体的に細身のものが多いです。
細身タイプの指輪がお好きなら
お手頃な価格で購入できそうですね。
 
あくまで当店の品物の中での比較ですが
もう少し指輪のボリュームや
ダイヤモンドの大きさを上げるなら
ご予算を少し上げてみると
目当てのものが見つかるかもしれません。
是非、他のデザインの指輪とも見比べてみてください。
 
hitotsuchi 結婚指輪一覧
hitotsuchi 婚約指輪一覧
 
 
 
・場違いにならない?
 
ジュエリーショップは敷居が高いところと
そうでないところがあるなと思います。
 
一般的な国内ブランドのジュエリーショップは
そんなに敷居が高いところはなく、
誰でもウェルカムな感じですが、
 
ハイブランドのジュエリーショップは
取り扱っているものも値段も変わってくるので
敷居が高いなと思うことはあります。
特に都内にある路面店は
場所やお店の佇まい自体が
ブランドの顔みたいなところもあるので
玄関から気合が入っていますよね。
 
ハイブランドはデパートに入っている店舗なら
路面店より入りやすいかもしれません。
ラインナップは少し減ってしまうかもしれませんが、
他店からのお取り寄せができる所もありますし
結婚指輪・婚約指輪も取り扱いがあると思います。
 
でもせっかくなら
路面店に入ってみたいという気持ちも
すごくわかります。
今は結婚指輪や婚約指輪のお値段は
ウェブサイトでも確認ができます。
現状ではもしかしたら予約が必要なことも
あるかもしれないので
下調べをした上で勇気を出して行ってみるのも
良いかもしれません。
また、その際普段着より少しかしこまった服だと
お店の雰囲気に緊張したり
のまれてしまうこともないのかなと思います。
 
憧れのお店でお二人の大切な指輪を見るのも
とても良い思い出になると思いますよ。
 
以上、来店前の不安なことについて
書いてみました。
ご参考になれば幸いです。

 
 

2.どうしてなの?ジュエリーショップの内装について


結婚指輪 オーダーメイド hitotsuchi
今は色々なコンセプトを持っているお店があるので
一概には言えませんが、
 
ジュエリーショップというと
落ち着く空間というよりも
華やかで煌びやかな空間の方が
一般的なジュエリーショップを表す言葉としては
あっているかもしれません。
正直、当店のナチュラルな雰囲気とは
ちょっと違います。
 
一般的なジュエリーショップの特徴は
①真っ白な照明を使っていて店内が明るい
(もしくはお店自体は明るくないがガラスケース内が明るい)
②商品は全てガラスケースにしまってある
③基本的にスタッフはスーツを着ていて
ガラスケースの内側に複数人いる
が共通しているのかなと思います。
 
ですが、煌々と明るい店内、
ズラっと並ぶガラスケース、
かっちりしたスタッフって
ジュエリーショップに入りずらい要素の
一つでもありますよね。
 
ではどうしてこのような傾向があるのでしょうか。
理由を知ったら不安が少し減るかもしれません。
 
 
 
①の店内が白くて明るい、
もしくはガラスケース内が明るい理由は
ジュエリーについている
宝石の輝きを最大限生かすために
色のついていない強めの光を当てているからです。
 
少し暗めのところであっても
石が全く光らないわけではありませんが、
基本的に光が強い方が宝石は綺麗に光ります。
特に婚約指輪のメインストーンはダイヤモンドが多いので
なおさら光を当てて綺麗に輝かせたいのです。
 
白い色を基調としているのは
清潔感やウェディングを意識しているのもありますし
店内の隅々まで光が回りやすく
壁の色や照明の色が石に影響しないので
ダイヤモンドやジュエリーが綺麗に見える
というのもあります。
 
人は少し薄暗いくらいが
落ち着くそうですが、
綺麗に輝く石のためには
少々明るい照明も必要なようです。
 
 
②のガラスケースに商品をにしまってある主な理由は
シンプルに防犯のためです。
 
商品が高価な上、小さいので
品数が多かったりお店が広いところでは
スタッフが商品だけを見ているわけにもいきませんし
ずっとスタッフに張り付かれているのも
お互いになんだか嫌ですよね。
 
※ハイブランドの場合は
予約をせず店内を見て回るだけでも
1組に対して1人担当が着くこともありますが
どちらかというとお客様専用のスタッフ
という感じなので緊張しないでも大丈夫です。
 
こういった理由が相まって
商品をガラスケースに入れているお店は
基本的にはご希望があった時だけ
ガラスケースから店員が商品を
出し入れをするという形が
成り立っています。
 
反対に店舗が広すぎず
完全予約制で店内が混雑することがない場合は
ガラスケースに入れていないお店もあります。
 
最初から店頭にディスプレイはせず、
普段は店奥にしまっていて
お客様のご来店時のみ出すお店もあります。
 
ついでに当店は
店頭にはセミオーダーのサンプルを置き、
フルオーダーのサンプルリングは
店頭にはディスプレイせずに
お店の奥の棚にしまっています。
見たい場合はご遠慮なくお申し付けください。
お店には出ていない秘密の商品を
見せてもらっているようで
特別感があって楽しいですよ。
 
 
③の基本的にスタッフがスーツを着ているのは
ハイブランドのお店を想像してみると
ご理解いただけるかもしれません。
 
華やかな空間の中で
カジュアルな装いのスタッフが
ガラスケースの内側にいたら
ちょっとチグハグですよね。
反対に当店のようなナチュラルな雰囲気のお店で
スーツをかっちり着込んだ人が居ても
合わないなあと思います。
 
またガラスケースを設置している場合、
商品を取り出す人が足りなくなってしまわないため、
スタッフは少し多めに配置されています。
 
平日の昼間は
お客様の方が少なくスタッフが多く
少し威圧感を感じてしまうかもしれませんが、
土日や祝日になると
反対にスタッフの数が足りなくなって
しまうこともあります。
 
もしじっくりと結婚指輪・婚約指輪を見たい場合は
ご来店日がどんな日であっても
ご予約することをお勧めいたします。

 
 

3.まとめ


今回はジュエリーショップ来店前の不安なこと
について書いていきました。
 
最後に当店について少しだけ紹介させてください。
 
hitotsuchiは結婚指輪・婚約指輪の
オーダーメイド専門店です。
セミオーダーもフルオーダーも
ご注文をいただいてから
一つ一つ丁寧に制作しています。
 
お店は東京の代官山、
代官山駅から歩いて5分ほどの場所にあり、
店内は、アンティークな家具や小物、木、緑と
デザイナー兼職人の竹添が制作した
手作りの温かみを感じられる
結婚指輪・婚約指輪が並ぶ、
おしゃれで居心地の良い空間です。
 
竹添が最初のご相談から指輪の制作、
最後のお渡しまで一貫して行います。
 
ご興味を持っていただけましたら
ぜひお気軽にご来店ください。
ご予約お待ちしております。
 
hitotsuchi公式Instagram
hitotsuchi公式facebook
 
結婚指輪 オーダーメイド 代官山
 
 

書いた人

スタッフ 小松
ジュエリーの専門学校と御徒町のジュエリー工房で制作経験を積む。ジュエリーの商社でMDとして3年務めたのち、2019年からhitotsuchiに仲間入り。WEBサイトやSNS更新など中の人を担当。ジュエリーコーディネーター3級。
好きなこと:カフェ・お菓子屋さん巡り、刺繍、カメラ、映画、読書

結婚指輪・婚約指輪のオーダーメイドショップ
hitotsuchi 東京代官山 東京都渋谷区猿楽町22-13
TEL 03-6455-0972
MAIL info@hitotsuchi.com
OPEN 12:00~19:00(水、第3日曜定休)
オフィシャルサイトFacebookInstagram
2021.03.05 Friday ジュエリーの知識

3月の誕生石 珊瑚

こんにちは、
スタッフの小松です。

 

突然ですが今年は挑戦の年として
居合道を始めました。

 

最初は怖かったのですが
稽古しているうちに
何も考えず無心で日本刀を振っているのが
不思議と心地よかったです。

 

実は日本刀はジュエリーと少し関係があります。

 

日本には彫金という金属加工の技術があるのですが
日本刀の鍔や目貫と言われる
刀の一部を作っていた彫金師が
廃刀令で職を失ったのをきっかけに
装飾品を作り始めたのが
日本の装飾品の始まりという説があります。

 

あたらしく踏み込んだ世界で
知っているものに出会うと
世間は狭いなあなんて思ってしまいます。

 

 

 

3月 誕生石 サンゴ 珊瑚 
今回は3月の誕生石、
珊瑚について。

 

3月の日本の誕生石には
アクアマリンもあります。
別の記事でご紹介しているので
そちらもぜひご覧ください。
3月の誕生石 アクアマリン

 

珊瑚は女性のお守りや
産後(=珊瑚)のお祝いに
贈られることもあります。
語呂合わせで結婚35周年を
珊瑚婚式とも言います。

 

宝石言葉は
「確実な成長」「家長の威厳」
「長寿」「聡明」「幸福」。

 

昔ばなしの中で
金や銀のお宝が出てくると
必ずと言っていいほど
珊瑚の原木が小判の間にブスッと刺さっているのも
日本人ならではの印象ではないでしょうか。

 

 

 

一番身近にある珊瑚といえば
海の浅瀬に広がる珊瑚礁かなと思います。

 

海なし県で育ったので
あまり海の思い出がない私でも
珊瑚礁と聞くと
透明度の高い南国の海で、
色とりどりの魚の隠れ蓑として
様々な形で私たちを楽しませてくれている
美しい海になくてはならない存在のような気がします。

 

美しい海に欠かせない
自然界が作り出す美術品のような珊瑚礁。

 

ですが今回ご紹介する
誕生石として扱われている珊瑚は
実は浅瀬の珊瑚礁にはありません。

 

宝石の珊瑚は
青い美しい海とは真逆の
冷たく暗い海の底、深海で採れます。

 

せっかくなのでこの2つの珊瑚について
詳しく書いてみます。

 

 

 

ちょっと理科のようなことをいうと
珊瑚は植物ではなく刺胞動物です。
イソギンチャクやクラゲと
同じような構造を持っています。

 

あんな硬そうなのに
イソギンチャクやクラゲと一緒と言われても
不思議かもしれませんが、
珊瑚にも一応口や触手などがあります。

 

浅瀬にある珊瑚礁を作り出している珊瑚は
造礁サンゴといい、
珊瑚がたくさん集まってできていて
褐虫藻という藻を共生させています。
この藻が光合成をして光合成産物を作り
それを栄養として珊瑚に供給してくれるので
光合成するための太陽の光が届く
浅瀬に生息しています。

 

反対に、
宝石に使用される珊瑚は
非造礁サンゴといいます。
造礁サンゴと違い
単体で褐虫藻と共生していないため
光の届かない海の底で
触手を使ってエネルギーを補い
ゆっくりと成長しています。
養殖はできず立派な原木になるまでは
100年以上を要するそうです。

 

この深海に生息している珊瑚で
宝石として扱われている珊瑚は
アカサンゴ、ベニサンゴ、
シロサンゴ、モモイロサンゴなどです。
総称で宝石珊瑚とも言われています。

 

形は珊瑚礁の岩のようなサンゴとは違い、
葉のついていない枝のような形をしています。

 

珊瑚の色は主に
赤、ピンク、白で構成されていますが、
個体によって色の濃淡があり
宝石として最高級の色と言われているのは
ox blood(オックス・ブラッド)、
ヨーロッパではtosa(トサ)とも呼ばれることもあり、
日本では血赤(ちあか)と呼ばれる
濃い赤色の珊瑚です。

 

写真がないのでここでお見せできないのが残念ですが
血のようなとっても深い赤い色をしています。

 

また薄いピンク色の珊瑚は
とても可愛らしい色をしていますが
日本では「ぼけ」と呼ばれています。
なんだかひどい言い方ですね。

 

「ぼけの花の色」からきたとも言われているし、
「色がぼけているから」とも言われていてますが、
真相はわかりません。

 

ついでにヨーロッパでは
薄いピンク色の珊瑚は
エンジェルスキン(天使の肌)
と言われていて人気だそうですよ。

 

珊瑚の産地は地中海でも取れますが、
世界的に多いのは日本近海です。
特に土佐(高知県)は水揚げの量が多く
土佐珊瑚や高知珊瑚と呼ばれることもあります。

 

 

 

3月 誕生石 サンゴ 珊瑚 
【珊瑚の取り扱い】

 

指輪、ネックレス、ピアス等
様々なジュエリーで使用されていますが、
硬度は3.5〜4.0なので
石の中では非常に柔らかい宝石です。
硬いものにぶつけたり
潰してしまわないよう気をつけてください。

 

形は球体や丸いフォルムの方が多いです。
反対にダイヤモンドのような
ブリリアントカットをすることはありません。

 

強度としては弱いですが
柔らかいので表面を細かく彫ることができ
彫刻や帯留めなどにも加工されます。
和装などを楽しまれる方には
身近な宝石かもしれませんね。
細かい彫りを施しているものは
溝に汚れが溜まりやすいので
埃がかからない場所に保管しましょう。

 

また珊瑚の成分は
ほとんどが炭酸カルシウムでできています。
酸性のものに弱く人間の汗や皮脂でも
長時間放置すると変色を起こします。
使用後は柔らかい布で拭いてから
しまってください。

 

 

 

今回は3月の誕生石
珊瑚についてでした。

 

今回も珊瑚について調べていくうちに
新しい発見が沢山あったのですが、
特に宝石珊瑚が深海に生息していることが
とても不思議でした。

 

深海に住む生き物たちは
目が退化していたり
目の代わりに触覚がとても敏感になっていたり
時に発光するものなど
周りが見えない前提の進化を遂げているのに
(むしろ進化していないのかもしれませんが)、
どうして珊瑚は何も見えない深海で
鮮やかな赤色になったんでしょう。
地球には知らないことがまだまだ沢山ありますね!

 

今回はここまで。
次は5月に誕生石として
翡翠をご紹介する予定です。
緑の美しい石です。
次回もお楽しみに。

 

 

 

参照
ジュエリーコーディネーター3級テキスト
Wikipedia サンゴ

書いた人

スタッフ 小松
ジュエリーの専門学校と御徒町のジュエリー工房で制作経験を積む。ジュエリーの商社でMDとして3年務めたのち、2019年からhitotsuchiに仲間入り。WEBサイトやSNS更新など中の人を担当。ジュエリーコーディネーター3級。
好きなこと:カフェ・お菓子屋さん巡り、刺繍、カメラ、映画、読書

結婚指輪・婚約指輪のオーダーメイドショップ
hitotsuchi 東京代官山 東京都渋谷区猿楽町22-13
TEL 03-6455-0972
MAIL info@hitotsuchi.com
OPEN 12:00~19:00(水、第3日曜定休)
オフィシャルサイトFacebookInstagram
2021.03.02 Tuesday 制作事例

フルオーダーエンゲージ×ミル打ち×丸線爪

こんにちは

 

 

 

早くも3月。

 

 

 

実際は数日少ないくらいでしたが

 

2月もう終わり?ってくらい

 

早々と過ぎ去っていきました。

 

 

 

 

 

さて

 

 

本日は

 

 

こちらのフルオーダーエンゲージリングを

 

ご紹介させて頂きます。

 

 

 

今回ご依頼いただいたのは

 

4本の爪留めで、

 

なおかつフチにミル打ちをするという

 

あまり見ないタイプの個性的なデザインの婚約指輪。

 

 

言葉での説明が難しいので

 

さっそく完成品がこちら。

 

婚約指輪 オーダーメイド ミル打ち

 

石座はプラチナ950、

 

腕はk18イエローゴールドで制作。

 

 

センターの0.305カラット(約4.25mm)のダイヤモンドの周りに

 

一回り大きくプラチナの枠を作り

 

そのフチにミルグレインのクラシカルな玉の飾りを

 

1周打ち込みました。

 

婚約指輪 オーダーメイド ミル打ち

 

4箇所に細い丸線爪を立てて

 

なるべくデザインの邪魔にならないよう

 

一体感が損なわれないようにしっかり石留め。

 

婚約指輪 オーダーメイド ミル打ち

 

仕上げは艶を多めに残したマット加工を施し

 

シルキーで上品な印象。

 

婚約指輪 オーダーメイド ミル打ち

 

石座はしっかりめに円錐状に角度をつけて

 

結婚指輪との重ね付けがなるべくフィットするようにしました。

 

婚約指輪 オーダーメイド ミル打ち

 

 

 

 

 

それと合わせて、

 

各々好みの形で制作させて頂いた

 

結婚指輪たち。

 

結婚指輪 オーダーメイド ミル打ち

 

 

旦那様用は

 

セミオーダー(HMR065)で

 

プラチナ950とk18イエローゴールドのコンビで制作、

 

結婚指輪 オーダーメイド ミル打ち

 

 

 

奥様用は

 

フルオーダーでミル打ちをセンターに入れた

 

プレーンな甲丸のデザインを

 

k18イエローゴールドで制作しました。

 

結婚指輪 オーダーメイド ミル打ち

 

 

一見異なるデザインのようで

 

共にミルグレインの玉の彫りをポイントにした

 

繋がりを感じるデザイン。

 

 

 

 

 

 

婚約指輪 オーダーメイド ミル打ち

 

婚約指輪 オーダーメイド ミル打ち

 

婚約指輪 オーダーメイド ミル打ち

 

結婚指輪 オーダーメイド ミル打ち

 

婚約指輪 オーダーメイド ミル打ち

 

 

 

フルオーダーは

 

見たことのないデザインでご依頼を受けることも多いので

 

作る側としても毎回楽しみであり、心配もありなのですが

 

 

想像を超えていいものが出来上がった時

 

そしてそれをお客様に喜んで頂けた時

 

作り手として何よりやりがいを感じる瞬間です。

 

 

婚約指輪 オーダーメイド ミル打ち

 

 

お渡し後に

 

これからの道を照らしてくれるような指輪たちです、と

 

とても素敵なお言葉を頂き、

 

印象的で心に染みました。

 

 

 

世界で間違いなく一つの

 

とっても素敵な婚約指輪。

 

 

 

末永くお幸せに。

 

 

書いた人

デザイナー兼クラフトマン 竹添拓也
東京の学校でジュエリー制作を学び、2006年アクセサリーブランド「e.m.」入社。自社ブランドの原型制作の他、OEM、映画、ドラマなど幅広いクライアントの要望を3000点以上形にする。
2013年のhitotsuchiオープン以来1000組以上の結婚指輪・婚約指輪を制作。お客様との打ち合わせ、制作、お渡しまで一貫して担当。

結婚指輪・婚約指輪のオーダーメイドショップ
hitotsuchi 東京代官山 東京都渋谷区猿楽町22-13
TEL 03-6455-0972
MAIL info@hitotsuchi.com
OPEN 12:00~19:00(水、第3日曜定休)
オフィシャルサイトFacebookInstagram
1 ... 3 4 5 ... 145

Recent Posts

Archives