BLOG ・ ブログ


2020.09.18 Friday ジュエリーの知識

9月の誕生石 サファイア

こんにちは、
スタッフの小松です。
 
スーパーには秋といえばの食品が並びはじめました。
 
ぶどう、なし、くり、かき、さんま、なす、
さつまいも、松茸、鮎、、、
 
旬のものの混ぜご飯、美味しいですよね〜!
いっぱい食べて、
残暑の疲れを吹っ飛ばしましょう!
 
 
 
婚約指輪 オーダーメイド サファイアの婚約指輪
 
今回は9月の誕生石、サファイア について。
 
ダイヤモンド、ルビー、エメラルドと一緒に
4大貴石の一つとされているサファイア 。
濃く深い青色をした宝石です。
 
近年で話題の美しいサファイアといえば
イギリス王室のキャサリン妃が着けている
エンゲージリングでしょうか。 
 
サファイアの鉱物種名はコランダム、
和名は 蒼玉、青玉(せいぎょく)と言います。
 
語源はギリシャ語で
ラピスラズリという別の青い石に関連する「サピロス sappheiros」、
ラテン語で青色を意味する「サッピルス sapphirus」に
由来しています。
 
宝石言葉は「誠実」「慈愛」。
また青い色は
人を冷静にさせたり、癒したりもするそうです。
 
古代ギリシャやローマでは
危害や嫉妬から守ってくれるお守りとして、
中世では天の象徴として聖職者のローブを飾っていました。
その美しい青が、治癒の効果があるとされ
伝染病の治療や解毒剤としても使われていたこともあります。
 
古代ペルシャ人は
空が青いのは地球が巨大なサファイアの上にあるからだ
と思っていたそうですよ。
 
空の色、癒しの色、
はたまた神聖な色として
長く愛されていたサファイア。
 
フルオーダーリング制作事例
No.153 ブルーサファイアの取り巻きの婚約指輪婚約指輪 オーダーメイド サファイアの婚約指輪

 
7月の誕生石ルビーの時にも書きましたが、
サファイアとルビーは同じコランダムという鉱物種です。
赤色のコランダムをルビーとし、
それ以外をサファイアと呼びます。
青色を「サファイア」、
その他の色を「ファンシーカラーサファイア」と
区別していることが多いです。
 
ルビーの時は書かなかったのですが、
サファイアもルビーも
ダイヤモンドに次ぐ硬い石として有名です。
 
世界で一番硬いのはダイヤモンドで、
硬さを表すモース硬度では
最高の「10」を誇示しています。
 
その次に硬いのが
コランダムのサファイアとルビーで
モース硬度は9です。
 
モース硬度とは
叩いた時や圧力をかけた時に割れるかどうか?
という硬さの基準ではありません。
石と石を擦り付けて、
ひっかいたときの傷のつきにくさで
硬さを示しています。
 
ダイヤモンドとコランダムを擦り付けると
ダイヤモンドの方には傷がつかず
コランダムに傷が付くので
モース硬度がダイヤモンドの方が高い
となるのです。
 
一方、ダイヤモンドは
引っ掻き傷には強いのですが
劈開という性質があり、
ある一定の方向から衝撃を与えると
割れてしまうことがあります。
しかし、コランダムには劈開の性質がないので
その点ダイヤモンドよりも
衝撃には強いと言えます。
 
フルオーダーリング制作事例
No.187大振りなサファイアの婚約指輪婚約指輪 オーダーメイド サファイアの婚約指輪

 
ダイヤモンドの次に傷つきにくく、
衝撃にも強いコランダム。
なんだか色々使えそうですよね?
例えば機械とか。
 
調べてみたら機械や製品の素材として使われている
サファイアがありました。
多分もっと他にもあると思いますが、
ここでは一つご紹介します。
 
「サファイアガラス」や「サファイアクリスタル」
ってご存知でしょうか。
 
無色透明で傷つきにくく
スマホのカメラや腕時計の風防に
使われていたりしています。
実はこれ、透明なサファイアなんです。
でも自然から産まれた天然のサファイアではありません。
 
天然ではないということは、人工。
そう、実は宝石は作れます。
 
人が作った天然石と同じ成分・構造を持つ石は
偽物扱いではなく「合成石」といいます。
 
先ほどのサファイアガラスは
その「合成石」でできた工業材料です。
 
天然石には
安定供給できない、価格が高い、不純物が多い、不揃いなど
工業製品には不向きなことが多く、
一方合成石なら
安定供給ができる、価格が低く、不純物が少ないので
大量生産にも向いており、
人工的に石を作る研究が今も続けられています。
 
ジュエリーだけでなく
他の業界の技術の進歩にも
合成石は一役買っているんです。
 
ただ、成分や構造が一緒だからと言って
天然も合成も同等というわけではありません。
天然石の方が価値や価格は高いです。
 
もちろん合成石を天然石と偽って販売するのは違法です。
合成石をジュエリーなどに使っている場合は
必ず合成〇〇(例:合成サファイア)と書かなければならず、
天然石と誤認されるような名称は
使ってはならないとされています。
 
合成石だけを扱っているジュエリーブランドもあります。
しかもラボラトリーで開発された合成石には
値段は安いのに大粒で綺麗な石が多いそうですよ。
普段は手に入れることができないような
大きい石がついたジュエリーも
合成石なら購入できるかもしれませんね。
 
 
 
サファイアは婚約指輪や結婚指輪以外にも
ジュエリーとして、
また時計やスマートフォンの一部としても使われているので、
もしかしたら一番世界中の人が持っている宝石かもしれません。
 
今回は9月の誕生石サファイアと合成石についてでした。
来月10月の誕生石はトルマリンです。
サファイアにも負けないくらい
色が豊富なトルマリンとはどんな石なんでしょうか。
次回もお楽しみに。
 
 

書いた人

スタッフ 小松
ジュエリーの専門学校と御徒町のジュエリー工房で制作経験を積む。ジュエリーの商社でMDとして3年務めたのち、2019年からhitotsuchiに仲間入り。WEBサイトやSNS更新など中の人を担当。ジュエリーコーディネーター3級。
好きなこと:カフェ・お菓子屋さん巡り、刺繍、カメラ、映画、読書

結婚指輪・婚約指輪のオーダーメイドショップ
hitotsuchi 東京代官山 東京都渋谷区猿楽町22-13
TEL 03-6455-0972
MAIL info@hitotsuchi.com
OPEN 12:00~19:00(水、第3日曜定休)
オフィシャルサイトFacebookInstagram
2020.09.11 Friday 制作事例

フルオーダーエンゲージ×スクエアダイヤ×立て爪

こんにちは

 

 

気がつけば9月も中旬。

 

 

 

まだまだ暑い日が続いてますが

 

セミの鳴き声も静かに、

 

 

日が落ちるのも少しずつ早くなり

 

秋の気配を感じる今日この頃です。

 

 

 

 

 

さて

 

 

本日は久しぶりに制作事例のご紹介を。

 

 

 

なかなか更新が追いついてませんが、、

 

ご紹介したい素敵なのがたまってます。

 

 

 

今回制作させて頂いたのは

 

スクエアカットダイヤモンドを使用した

 

立て爪のフルオーダーエンゲージリング。

 

 

 

 

早速完成品がこちら。

 

婚約指輪  オーダーメイド スクエアカットダイヤ

 

 

中石に使ったのは

約3.8mm(0.323ct)の

正方形のスクエアカットのダイヤモンド。

 

地金は王道にpt950で

仕上げは艶多めのヘアラインで仕上げました。

 

婚約指輪  オーダーメイド スクエアカットダイヤ

 

 

スクエアカットは四隅の角を袋状にして

包み込むように留めるので

少しぽってりした肉厚な爪に。

それもまたかっこいいです。

 

婚約指輪  オーダーメイド スクエアカットダイヤ

 

 

 

腕のデザインは甲丸をベースに

石座に向かってだんだん細くなるように。

 

婚約指輪  オーダーメイド スクエアカットダイヤ

 

 

厚みは逆に

石座に向かってだんだん厚くなるように。

 

あぁ、いいバランス。。

 

婚約指輪  オーダーメイド スクエアカットダイヤ

 

 

 

男性お一人でのご相談

 

お相手様に素敵なものを贈りたいと

 

大至急のご依頼でしたが

 

とっても素敵なものになりました。

 

 

 

婚約指輪  オーダーメイド スクエアカットダイヤ

 

婚約指輪  オーダーメイド スクエアカットダイヤ

 

 

丸いラウンドカットが大半の婚約指輪のデザイン。

 

ラウンド以外のダイヤモンドを使うのは

 

石の替えが効かなかったり

 

制約が少しありますが

 

 

シンプルだけど少し変わった

 

婚約指輪にしたいという方にはオススメです。

 

 

婚約指輪  オーダーメイド スクエアカットダイヤ

 

 

キリッとした直線的なダイヤモンドと

 

アームのシンプルなシェイプが美しい1本。

 

 

とても素敵な婚約指輪のデザインでした。

 

 

 

どうぞ末長くお幸せに。

 

 

 

書いた人

デザイナー兼クラフトマン 竹添拓也
東京の学校でジュエリー制作を学び、2006年アクセサリーブランド「e.m.」入社。自社ブランドの原型制作の他、OEM、映画、ドラマなど幅広いクライアントの要望を3000点以上形にする。
2013年のhitotsuchiオープン以来1000組以上の結婚指輪・婚約指輪を制作。お客様との打ち合わせ、制作、お渡しまで一貫して担当。

結婚指輪・婚約指輪のオーダーメイドショップ
hitotsuchi 東京代官山 東京都渋谷区猿楽町22-13
TEL 03-6455-0972
MAIL info@hitotsuchi.com
OPEN 12:00~19:00(水、第3日曜定休)
オフィシャルサイトFacebookInstagram
2020.08.31 Monday ジュエリーの知識

デザインの知識⑦ ローズカットとラウンドブリリアントカット

こんにちは、
スタッフの小松です。
 
今日も肩こり&腰痛と共に人生を歩んでいます。
 
農家の人が首にタオルを巻いているのは
ずっと下を向いていても首が痛くならないようにする為
というのを何かで見て、
今首にタオルをきゅっと巻いています。
 
果たして効果はあるのでしょうか。
自宅だからこそできる肩こり対策、実験中です。
 
 
 
結婚指輪 オーダーメイド ダイヤモンドの形
デザインの知識、
第七回は「ローズカットとラウンドブリリアントカット」
についてです。
 
「宝石の形」と言うと
横から見たこんな形を思い出す方が
多いのではないでしょうか。
絵文字などにもありますよね。
 
ダイヤモンドのカット 宝石のシルエット
 
他にも
宝石の形(カットやシェイプと言います)には
色々な形があります。
 
婚約指輪や結婚指輪でよく見られるダイヤモンドの形は
・ラウンドブリリアントカット(丸型)
・ハートシェイプ(ハート型)
・オーバルシェイプ(楕円型)
・ペアシェイプ(しずく型)
などが多いと思います。
 
中でも丸型のラウンドブリリアントカットは
ダイヤモンドのカットの中で
一番オーソドックスな形です。
 
58個の面を持ち
ダイヤモンドの持つ輝きを
最大限に引き出したカット。
先ほどあげたよく見る宝石の形も、
ラウンドブリリアントカットを横から見たものです。
 
そんな丸型のダイヤモンド、
実はもう一つ素敵なカットがあります。
それはクラシックな雰囲気を持つ
「ローズカット」です。
 
今回は、
同じ丸い形ですが見え方がグッと違う
「ローズカット」と「ラウンドブリリアントカット」
2つのダイヤモンドのカットについて
書いていこうと思います。
 
 
 
婚約指輪 オーダーメイド ミルグレイン
 
ダイヤモンドの形の変遷
 
その前に、ダイヤモンドがどんな形を経て
今のようなカットができたのかを
簡単に説明いたします。
 
ダイヤモンド自体は紀元前300年ごろから存在しています。
初めの産出国はインドと言われていて、
その後1700年代まではインドが産出国の天下でした。
 
ダイヤモンドにカットが
施されるようになったのは1300年代から。
それまではすごく硬くて
加工方法がなかなか見つからなかったのですが
この頃からやっとダイヤモンドを
カットしたり磨く方法が発展していきます。
 
そして1400年代、
テーブル・カットというかたちが生まれます。
原石から一番加工しやすい形だったからと言われています。
ちょっと今のダイヤモンドの形に近づいてきましたね。
 
次に2番目に加工しやすい形だった
ロゼンジ・カットが生まれます。
ヒシ形でマーキスみたいな形です。
 
ダイヤモンドのカット 1400年代のカット
 
1500年代になると、
カボションのような形にカット面がある
バラの蕾のような形のローズカットが生まれ、
貴族の中で流行します。
 
そして1600年代の末に、
ベネチアの宝石商ペルッツィによって
ラウンドブリリアントカットの元になった
オールドマインカットが生まれました。
 
ダイヤモンドのカット 1500〜1600年代のカット
 
1720年代、
今まではインドにしかないと思われていた
ダイヤモンドがブラジルで発見され、
ポルトガル人によってヨーロッパに輸入されるようになります。
さらに130年後の1866年、
今度は南アフリカでダイヤモンドが発見され
大規模な発掘が始まりました。
 
1919年、ベルギーの数学者で宝石職人の
マルセル・トルコフスキーが
ダイヤモンドの特性である「屈折率と反射」から
今のラウンドブリリアントカットを確立させます。
 
ここからはダイヤモンドラッシュです。
1870年代では100万ct以下しか採掘されなかったダイヤモンドが
南アフリカ、ロシアと次々に
新しい鉱床(鉱物が地中に局部的に集まっているもの)が発見され
1920年代は300万ct、1970年代は5000万ct、1990年代には1億ct、と
どんどん産出量が増えました。
 
産出量が増えたことにより、
手に入れることができる人が増え、
ダイヤモンドがより美しく輝くことができる
カットが登場したことにより、
ダイヤモンドはそれまで以上に
世界中の人々を魅了する宝石の一つになりました。
 
次は1500年代に登場した
「ローズカット」について書いていきましょう。
 
 
 
婚約指輪 オーダーメイド ローズカット ダイヤモンドの形
 
今でも愛され続けるクラシカルなかたち ローズカット
 
ローズカットは
1500年代に誕生します。
カボションのような半円の形に
三角形のカット面があり、24面体です。
横から見るとドーム型をしていて
バラの蕾のような形だったことから
「ローズカット」と言われるようになりました。
 
ダイヤモンドのカット ローズカット
 
電気がなかった時代、
それまでのダイヤモンドとは違って
カット面が多いローズカットのダイヤモンドは
蝋燭のわずかな明かりの中でキラキラと輝くことが注目され
貴族の間で流行しました。
 
その後1919年にさらに輝きの強い
ラウンドブリリアントカットが登場しますが
ローズカットは今でも隠れた人気を持つカットです。
 
ローズカットの魅力はなんと言っても
そのみずみずしいひかり方です。
 
ラウンドブリリアントカットが
光が輝くようなキラキラピカピカなら、
ローズカットは水面のようなキラキラ。
 
下の面が平らにカットされているので、
透明度が高いものは
光りの全てを白く反射させず、
透け感があります。
内側というよりも表面の三角形がチラチラと光り
ラウンドブリリアントカットよりも
控えめな印象です。
 
ダイヤモンドがいいけれど
少し控えめに光るものがいい、
クラシックな雰囲気の婚約指輪を探している、
ならローズカットがおすすめです。
 
続いては
「ラウンドブリリアントカット」についてです。
 
 
 
婚約指輪 オーダーメイド ラウンドブリリアントカット ダイヤモンドの形
 
王道のかたち ラウンドブリリアントカット
 
王道のダイヤモンドの形といえば
ラウンドブリリアントカット。
実はダイヤモンドの特性を
数学的に考えて作られたカットなんです。
 
ベニスの商人ペルツィが
ラウンドブリリアントカットの元となる
「オールドマインカット」を作るのは17世記のこと。
 
このカットはラウンドというよりも四角に近い形でした。
なぜ丸い形ではないのに元になったかというと
カット面がラウンドブリリアントカットと同じ58面体だったからです。
 
その後58面体のまま何度か形を変え、
1919年、ベルギーの数学者で宝石職人の
マルセル・トルコフスキーが
ダイヤモンドの特性である「屈折率と反射」から
ラウンドブリリアントカットの形を確立させました。
 
ただ、今のラウンドブリリアントカットは
1919年に作られたそのままのカットではありません。
カットはその後も進化を遂げています。
より美しくダイヤモンドを光らせるために
美しいファセットの大きさや割合、
パビリオンの丁度良い深さなどが少しずつ変わっています。
 
ダイヤモンドのカット ラウンドブリリアントカット
 
数学者が理論的に導き出した形は
正面から入った光が反射して
また正面に戻ってくるため、
ダイヤモンド自体は透明ですが
石の裏側が透けて見えることはありません。
光が当たるとキラキラと輝き、
その光が強ければさらに輝きは増します。
 
 
 
 
婚約指輪 オーダーメイド ラウンドブリリアントカット ダイヤモンドの形
 
同じラウンドブリリアントカットでも?
 
では、ダイヤモンドではない他の石に
同じラウンドブリリアントカットを施した場合
ダイヤモンドと同じような輝き方をするのでしょうか。
 
答えはいいえ。
ラウンドブリリアントカットは
ダイヤモンドが最大限輝くことを考えて作られたカットです。
もちろん、ラウンドブリリアントカットで
カットされている別の石も存在しますが、
ダイヤモンドほど強く輝く石はあまりありません。
 
それはなぜかというと、
石ごとの屈折率の違いに関係しています。
 
ダイヤモンドと他の石との屈折率を比較してみましょう。
4大貴石と言われている4石で比べてみました。
 
ダイヤモンド 2.42
ルビー・サファイア 1.76~1.77
エメラルド 1.57~1.60
 
※ルビーとサファイアはコランダムという同じ鉱物なので
屈折率も同じです。
 
他の石に比べダイヤモンドの数値が高いことがわかります。
 
他の石はダイヤモンドよりも
正面から入った光が石の中を反射して
正面にまで戻ってこないので
ダイヤモンドほど輝くことはできません。
 
さらに、ラウンドブリリアントカットは
ダイヤモンドの屈折率と反射を
数学的に捉えて産まれたカットなので
石の屈折率が違えば角度も違うので
正面に返ってくる光の量が変わってきてしまうんですね。
 
また、同じカットのダイヤモンド同士でも
プロポーションの良し悪しによって
輝き方が変わることがあります。
 
綺麗なラウンドブリリアントカットであれば、
ダイヤモンドの正面から入ってきた光が、
ダイヤモンドの中を反射して正面へ戻ってくることができますが、
例えば厚さが薄すぎたり、厚すぎたりしてしまうと、
屈折している途中で光が外に出てしまうので、
輝きが弱くなります。
 
ダイヤモンドのカット 屈折率と反射
 
ダイヤモンドの評価である4Cの一つに
「CUT」という項目があるのは
カットの形によってもダイヤモンドの輝きの強さが
変わるからなんですね。
ちなみにこの4Cという評価は
ダイヤモンドのラウンドブリリアントカットにしか
つかない評価です。
 
ラウンドブリリアントカットが
ダイヤモンドのカットの王道と言われるのは
4Cという世界共通の評価基準があったり、
ジュエリーとして扱いやすい形というのもありますが、
ダイヤモンドが一番美しく輝くために作られたカットだから
というのも大きな要因の一つではないかなと思います。
 
以上、ラウンドブリリアントカットについてでした。
 
 
 
結婚指輪 婚約指輪 オーダーメイド
 
紀元前の登場から考えると約1800年間も
硬すぎる故にカット方法が改良されず、
さらに原石があまり綺麗ではないので
カラーストーンほど注目されていなかったダイヤモンド。
 
その後の500年で宝石の頂点に立ちました。
 
現在はコンピューター制御による加工技術の向上により、
美しくカットできることが
当たり前になりつつあります。
 
今までハイジュエリーでしか見れなかったような
ファンシーシェイプのダイヤモンドなど、
見たこともない形が市場に出てくる日も
近いかもしれません。
 
今回は
「ローズカットとラウンドブリリアントカット」
についてでした。
 
次回もお楽しみに。
 
 
 
参考
GIA ダイヤモンドの歴史と伝承
ジュエリーコーディネーター3級テキスト
THE RINGS 橋本コレクション指輪 図録

書いた人

スタッフ 小松
ジュエリーの専門学校と御徒町のジュエリー工房で制作経験を積む。ジュエリーの商社でMDとして3年務めたのち、2019年からhitotsuchiに仲間入り。WEBサイトやSNS更新など中の人を担当。ジュエリーコーディネーター3級。
好きなこと:カフェ・お菓子屋さん巡り、刺繍、カメラ、映画、読書

結婚指輪・婚約指輪のオーダーメイドショップ
hitotsuchi 東京代官山 東京都渋谷区猿楽町22-13
TEL 03-6455-0972
MAIL info@hitotsuchi.com
OPEN 12:00~19:00(水、第3日曜定休)
オフィシャルサイトFacebookInstagram

Recent Posts

Archives