BLOG ・ ブログ


2020.07.25 Saturday ジュエリーの知識

デザインの知識④ シグネットリング

こんにちは。
スタッフの小松です。
 
今回はシグネットリングについてです。
シグネットリングは大ぶりなものが多いからか
メンズジュエリーではよく見かけますが、
女性用の華奢なものってあまり見かけませんよね。
 
女性でも着けやすいシグネットタイプの結婚指輪も
当店ではご用意があります。
とても可愛いので
気になる方は是非ウェブサイトや店頭で見てみてくださいね。
 
結婚指輪 オーダーメイド シグネットリング
 
デザインの知識、
第四回は「シグネットリング」 についてです。
 
シグネットは英語で signet=認印、印鑑 という意味で、
意味通り印章として使われていた指輪のことです。
 
日本では「印台リング」とも呼ばれています。
 
紀元前1900年頃の古代エジプトには
石の表と裏に凹の彫刻を施して
表には装飾的な彫りものを、
裏には印章を彫った
シグネットリングのような役目の指輪が
すでにありました。
 
普段は装飾的な面を表にして、
印を押すときには
くるっと裏返して使っていたそうです。
指輪にして肌身離さず持っていると
便利だったのでしょうね。
 
また昔のヨーロッパの裕福層は
手紙にロウを垂らして封をするときに
シグネットリングを使っていました。
自分しか持っていない
シグネットリングを使って封蝋をする事で
「間違いなく自分が書いた」という印になったそうです。
 
上記のことから、シグネットリングは大昔から実在し、
装飾的というよりは実用的に使われてきた
ジュエリーだったという事が伺えます。
 
当初は印鑑やサインの役目があったので、
使用していた人が亡くなると
悪用されないために壊されていたのですが、
そのうち実用性というよりも
財産的な位置づけに代わり、
代々受け継がれるようになりました。
 
結婚指輪 オーダーメイド シグネットリング
 
初めは実用的な意味を持ち、
個人のサインとして扱われ、
そのうち代々受け継ぐ家宝として
男性用のジュエリーとして
親しまれてきたシグネットリング。
 
現在のシグネットリングはというと、
実用性の部分はほとんど無くなってしまいましたが
いまだに愛されているこのリングの最大の魅力は、
その形が「かっこいい」というところではないでしょうか。
 
金属の指輪の表面に平らな面を作った、
正円のリングにはない特別感のあるシルエット。
イニシャルや紋様を彫っているものが多いですが、
何も入っていないプレーンなものもあり
それもまたシンプルで素敵です。
 
ミルグレインや他の装飾のように
「縁起物」としての意味があるわけではないのですが、
代々受け継がれていたジュエリーという事もあり
「家族」というイメージにはぴったりな気がします。
 
長い時代を経て親しまれていたため
多くのブランドが作っていますし
デザインも洗練されているものが多く
女性も好きな方は多いんじゃないかなと思います。
 
結婚指輪 オーダーメイド シグネットリング
 
【シグネットリングの雰囲気】
 
印章として使っていた名残で
正面の面積を幅広く取っているものが多いので
指にはめると目立ちます。
「その人を表すもの」や「オリジナリティ」を
イニシャルやオリジナルのマークにして
結婚指輪に入れることができます。
 
 
【シグネットリングの結婚指輪】
 
元々メンズジュエリーだった事もあり
大きめ、太めのデザインの結婚指輪が多いです。
 
人により手の大きさ、指の太さが違いますので、
手の大きさとシグネットリングの大きさの
バランスを考えて選んでみてはいかがでしょうか。
大きく指の太い方にはシグネットらしい
大きめのデザインが似合うと思います。
反対に手が小さめの方には大きいリングよりも
少し細めのものをお勧めいたします。
 
また、どのタイプの結婚指輪にも言えますが
着け心地の良さも重要です。
特にシグネットリングのように
ボリュームのある結婚指輪の場合、
重いと長時間着け続けるのが
苦痛になってくることもあります。
強度に問題がない程度に重すぎず、分厚すぎず、
手の平側のリングの幅や厚みなども考慮すると
装着時の違和感も軽減できると思います。
 
 
【シグネットリングのフルオーダーメイドの結婚指輪】
 
今までにご注文いただいた
フルオーダーメイドの
シグネットリングの結婚指輪です。
 
フルオーダー制作事例 NO.39印台タイプの結婚指輪結婚指輪 オーダーメイド シグネットリング
“正面は幅を広めにインパクトを出しつつ
着けやすいように自然に細くなっていくように。
また、印台といっても文字の入る台座に
あえて段差をつけず
無骨でナチュラルな印象に制作。”
 
フルオーダー制作事例 NO.137コンビの印台の結婚指輪結婚指輪 オーダーメイド シグネットリング
“シンプルな平打ちのデザインを
それぞれでアレンジした特別な結婚指輪。
 お二人にも大変お喜び頂けました。”
 
フルオーダー制作事例 NO.171長方形と楕円形の印台の結婚指輪結婚指輪 オーダーメイド シグネットリング
“印台面の縦と横のバランス、
角の丸み具合、
少しだけ艶を出したマット加工、
 細部までお二人のこだわりが詰まった
本当に素敵な2本でした。”
 
 
【シグネットリングのセミオーダーメイドの結婚指輪】
 
当店ではシグネットリングの結婚指輪を
様々な形でご用意しておりますので
抜粋してご紹介いたします。
画像をクリックすると詳細を見る事ができます。
 
印台部分をフラットではなく
ほのかに丸くカーブさせ、
厚みを薄めに作ることで
印台のボリュームはそのままに
つけ心地の良さにこだわりました。
HMR016 ¥115,500[K18]  ¥143,000[PT950]結婚指輪 オーダーメイド シグネットリング 印台
 
HMR037 ¥71,500[K18]  ¥93,500[PT950]結婚指輪 オーダーメイド シグネットリング 印台
 
異国の蚤の市で見かけたような、
どこか懐かしさのある
アンティークでラフな雰囲気を
大切に制作しました。
HMR026 ¥88,000[K18]  ¥110,000[PT950]結婚指輪 オーダーメイド シグネットリング 印台
 
時代を超えて愛される
クラシカルなデザインをベースにした
ひと味違う個性を表現できる結婚指輪です。
HMR029 ¥82,500[K18]  ¥104,500[PT950]結婚指輪 オーダーメイド シグネットリング 印台
 
 
 
昔は印章として、今はファッションとして
用途は変わっても
古代からあるジュエリーデザインが
いまでも使われているなんて
ロマンチックですね。
 
シンプルが良いけれど
正円の結婚指輪ではちょっと物足りないという方は
シグネットリングの結婚指輪も
検討してみてはいかがでしょうか。
 
今回は「シグネットリング」についてでした。
次回もお楽しみに。
 
 
参照:THE RINGS 橋本コレクション指輪 図録

書いた人

スタッフ 小松
ジュエリーの専門学校と御徒町のジュエリー工房で制作経験を積む。ジュエリーの商社でMDとして3年務めたのち、2019年からhitotsuchiに仲間入り。WEBサイトやSNS更新など中の人を担当。ジュエリーコーディネーター3級。
好きなこと:カフェ・お菓子屋さん巡り、刺繍、カメラ、映画、読書

結婚指輪・婚約指輪のオーダーメイドショップ
hitotsuchi 東京代官山 東京都渋谷区猿楽町22-13
TEL 03-6455-0972
MAIL info@hitotsuchi.com
OPEN 12:00~19:00(水、第3日曜定休)
オフィシャルサイトFacebookInstagram

Archives