BLOG ・ ブログ


2016.10.24 Monday 制作事例

フルオーダーマリッジ×レティキュレーション

こんにちは

 

 

 

 

朝晩

 

 

だいぶ気温も下がり

 

 

 

布団が一層愛しい今日この頃。

 

 

 

 

 

 

本日は

 

 

こちらのフルオーダーマリッジリングを

ご紹介させて頂きます。

 

 

 

今回のご依頼は

ラフで荒い雰囲気で

ペアのマリッジリングを作りたいというご依頼。

 

お話を伺っていくと

普通の荒い仕上げくらいでは足りなさそうな

腐食し朽ち果てた鉄塊のような、とにかく荒々しい雰囲気での制作をご希望とのこと。

 

 

 

ということで

 

今回チョイスした表面加工は

『レティキュレーション』という技法。

 

 

この技法は金属の表面だけをバーナーで高温に熱し

溶けた瞬間にバーナーを離し、

再度固まった時に特有のシワや凹凸を生み出す彫金技法の一つ。

 

 

量産品には向かず、聞き慣れない言葉だと思うのですが

というのも

 

この技法、

溶かしてみないと

どんな風にどのくらい溶けるか、どんなシワが生まれるか

作業者にも厳密に計算できないので

 

綺麗なシンメトリーのものを作るより

ある意味難しかったりします。

 

 

 

そんなわけで

その旨一通りお話してサンプルを軽く溶かして見て頂いたところ

 

『これで!!』

 

ということでしたので

覚悟を決めてレティキュレーションで制作させて頂くことに。

 

 

 

案の定

溶かしすぎたり

思ったような感じに溶けなかったり

 

バランス良い溶け具合を探りつつ

何度かやり直しの末サンプルが完成、

 

サンプルチェック、

本制作と進み

 

 

完成したものがこちら。

 

 

お二人とも

左半分がプラチナ950、右半分がk18イエローゴールドのコンビタイプ。

 

 

 

この

なんとも言えない

 

 

人の手や機械では表現出来ない

 

 

超高温の金属が一瞬にして固まった時のシワ感。

 

 

今回はレティキュレーションの荒さがさらに生きるように

最後にホーニング加工(砂をかける艶消し加工)を施しました。

 

 

内側は平らにして

ピカピカに鏡面仕上げ。

 

やはり着け心地は重要なので。

 

 

プラチナとゴールドの接合部分もあえて段差をつけ、

溶接したロー材もそのままにして

とことんラフな雰囲気に。

 

 

 

 

ご新婦様用にのみ

アクセントにブルーサファイアを埋め込み。

 

 

 

無事形になり

 

苦労の甲斐あって

 

とても喜んで頂けました。

 

 

 

 

なかなか思い通りにいきにくい

職人泣かせな加工ではありますが

 

間違いなく世界で1つの(、、というか同じ風には作れない)

変わった表面になるので

 

気になった方は

 

『レティキュレーション』

 

是非ご相談ください。

 

 

 

 

 

 

では

 

 

 

 

そんなわけで

 

 

 

 

 

 

 

またです。

 

 

 

 

 

 

タケゾエ

 

hitotsuchi公式ホームページ

http://www.hitotsuchi.com

 

結婚指輪・婚約指輪のオーダーメイドショップ
hitotsuchi 東京代官山 東京都渋谷区猿楽町22-13
TEL 03-6455-0972
MAIL info@hitotsuchi.com
OPEN 12:00~19:00(水、第3日曜定休)
オフィシャルサイトFacebookInstagram
2016.10.14 Friday 制作事例

フルオーダー×蔓×彫り

こんばんは

 

 

 

 

 

 

10月半ば

 

 

なんだかんだ先週くらいまでは

 

半袖で十分な感じでしたが

 

 

ここ数日で

 

はっきりと寒くなって参りました。

 

 

 

昨日

 

近所のコンビニに半袖半ズボンで行ったら

 

完全に一人浮いていましたので

 

 

 

さすがの私も

 

約半年ぶりに長袖を引っ張り出し

 

冬支度の覚悟を決めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

はい

 

 

 

 

まぁそんなわけで

 

 

 

本日は

 

こちらのフルオーダーマリッジリングを

ご紹介させて頂きます。

 

 

 

 

今回のご依頼内容は

 

以前

植物の蔓が立体的に巻きついたデザインで

エンゲージリングを制作させて頂いていたお客様から

植物の蔓を絡めて今度はマリッジリングを制作したいというご依頼。

 

 

マリッジの場合はあまり立体的に凹凸していると

普段つけっぱなしにするには着け心地に難があるということで

今回は植物の蔓(ツル)を彫ってみましょうということに。

 

 

リングの幅や形状、彫りの雰囲気を決めていき

サンプルチェック、本制作と進み

 

完成したものがこちら。

 

 

ベースは王道の甲丸リングを彫りのことを考え少し平らめに作り

唐草の蔓のイメージでタガネという刃物を使い手作業で彫りを入れていきました。

 

 

全周ぐるっと

 

 

蔓が繋がるように

 

 

バランスよく彫り入れ。

 

 

彫った部分がキラッとより映えるように

彫り以外の部分は艶消しに加工。

 

 

ご新婦様はなるべく細めの幅がご希望でしたので

彫りがバランス良く入るギリギリの細さで制作。

 

 

 

 

曲線や渦巻きを組み合わせて

葉や茎、蔓植物が伸びたり絡んだりする植物文様は

 

神殿や遺跡の壁画や装飾で

太古から世界中で愛されてきた代表的な文様の一つ。

 

 

日本では唐草と呼ばれ

どこまでも伸びる蔓が生命力の象徴として

一族の繁栄や長寿を意味する縁起ものの文様でもあります。

 

 

 

 

少ない線で

バランスよく彫ることで

 

 

和すぎず

ハワイアンすぎず、

 

 

素敵な植物文様の

マリッジリングでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなわけで

 

 

 

季節の変わり目

 

 

体調管理お気をつけて。

 

 

 

 

 

またです。

 

 

 

 

 

 

タケゾエ

 

 

hitotsuchi公式ホームページ

http://www.hitotsuchi.com

 

 

 

 

 

結婚指輪・婚約指輪のオーダーメイドショップ
hitotsuchi 東京代官山 東京都渋谷区猿楽町22-13
TEL 03-6455-0972
MAIL info@hitotsuchi.com
OPEN 12:00~19:00(水、第3日曜定休)
オフィシャルサイトFacebookInstagram

Recent Posts

Archives