BLOG ・ ブログ


2020.08.31 Monday ジュエリーの知識

デザインの知識⑦ ローズカットとラウンドブリリアントカット

こんにちは、
スタッフの小松です。
 
今日も肩こり&腰痛と共に人生を歩んでいます。
 
農家の人が首にタオルを巻いているのは
ずっと下を向いていても首が痛くならないようにする為
というのを何かで見て、
今首にタオルをきゅっと巻いています。
 
果たして効果はあるのでしょうか。
自宅だからこそできる肩こり対策、実験中です。
 
 
 
結婚指輪 オーダーメイド ダイヤモンドの形
デザインの知識、
第七回は「ローズカットとラウンドブリリアントカット」
についてです。
 
「宝石の形」と言うと
横から見たこんな形を思い出す方が
多いのではないでしょうか。
絵文字などにもありますよね。
 
ダイヤモンドのカット 宝石のシルエット
 
他にも
宝石の形(カットやシェイプと言います)には
色々な形があります。
 
婚約指輪や結婚指輪でよく見られるダイヤモンドの形は
・ラウンドブリリアントカット(丸型)
・ハートシェイプ(ハート型)
・オーバルシェイプ(楕円型)
・ペアシェイプ(しずく型)
などが多いと思います。
 
中でも丸型のラウンドブリリアントカットは
ダイヤモンドのカットの中で
一番オーソドックスな形です。
 
58個の面を持ち
ダイヤモンドの持つ輝きを
最大限に引き出したカット。
先ほどあげたよく見る宝石の形も、
ラウンドブリリアントカットを横から見たものです。
 
そんな丸型のダイヤモンド、
実はもう一つ素敵なカットがあります。
それはクラシックな雰囲気を持つ
「ローズカット」です。
 
今回は、
同じ丸い形ですが見え方がグッと違う
「ローズカット」と「ラウンドブリリアントカット」
2つのダイヤモンドのカットについて
書いていこうと思います。
 
 
 
婚約指輪 オーダーメイド ミルグレイン
 
ダイヤモンドの形の変遷
 
その前に、ダイヤモンドがどんな形を経て
今のようなカットができたのかを
簡単に説明いたします。
 
ダイヤモンド自体は紀元前300年ごろから存在しています。
初めの産出国はインドと言われていて、
その後1700年代まではインドが産出国の天下でした。
 
ダイヤモンドにカットが
施されるようになったのは1300年代から。
それまではすごく硬くて
加工方法がなかなか見つからなかったのですが
この頃からやっとダイヤモンドを
カットしたり磨く方法が発展していきます。
 
そして1400年代、
テーブル・カットというかたちが生まれます。
原石から一番加工しやすい形だったからと言われています。
ちょっと今のダイヤモンドの形に近づいてきましたね。
 
次に2番目に加工しやすい形だった
ロゼンジ・カットが生まれます。
ヒシ形でマーキスみたいな形です。
 
ダイヤモンドのカット 1400年代のカット
 
1500年代になると、
カボションのような形にカット面がある
バラの蕾のような形のローズカットが生まれ、
貴族の中で流行します。
 
そして1600年代の末に、
ベネチアの宝石商ペルッツィによって
ラウンドブリリアントカットの元になった
オールドマインカットが生まれました。
 
ダイヤモンドのカット 1500〜1600年代のカット
 
1720年代、
今まではインドにしかないと思われていた
ダイヤモンドがブラジルで発見され、
ポルトガル人によってヨーロッパに輸入されるようになります。
さらに130年後の1866年、
今度は南アフリカでダイヤモンドが発見され
大規模な発掘が始まりました。
 
1919年、ベルギーの数学者で宝石職人の
マルセル・トルコフスキーが
ダイヤモンドの特性である「屈折率と反射」から
今のラウンドブリリアントカットを確立させます。
 
ここからはダイヤモンドラッシュです。
1870年代では100万ct以下しか採掘されなかったダイヤモンドが
南アフリカ、ロシアと次々に
新しい鉱床(鉱物が地中に局部的に集まっているもの)が発見され
1920年代は300万ct、1970年代は5000万ct、1990年代には1億ct、と
どんどん産出量が増えました。
 
産出量が増えたことにより、
手に入れることができる人が増え、
ダイヤモンドがより美しく輝くことができる
カットが登場したことにより、
ダイヤモンドはそれまで以上に
世界中の人々を魅了する宝石の一つになりました。
 
次は1500年代に登場した
「ローズカット」について書いていきましょう。
 
 
 
婚約指輪 オーダーメイド ローズカット ダイヤモンドの形
 
今でも愛され続けるクラシカルなかたち ローズカット
 
ローズカットは
1500年代に誕生します。
カボションのような半円の形に
三角形のカット面があり、24面体です。
横から見るとドーム型をしていて
バラの蕾のような形だったことから
「ローズカット」と言われるようになりました。
 
ダイヤモンドのカット ローズカット
 
電気がなかった時代、
それまでのダイヤモンドとは違って
カット面が多いローズカットのダイヤモンドは
蝋燭のわずかな明かりの中でキラキラと輝くことが注目され
貴族の間で流行しました。
 
その後1919年にさらに輝きの強い
ラウンドブリリアントカットが登場しますが
ローズカットは今でも隠れた人気を持つカットです。
 
ローズカットの魅力はなんと言っても
そのみずみずしいひかり方です。
 
ラウンドブリリアントカットが
光が輝くようなキラキラピカピカなら、
ローズカットは水面のようなキラキラ。
 
下の面が平らにカットされているので、
透明度が高いものは
光りの全てを白く反射させず、
透け感があります。
内側というよりも表面の三角形がチラチラと光り
ラウンドブリリアントカットよりも
控えめな印象です。
 
ダイヤモンドがいいけれど
少し控えめに光るものがいい、
クラシックな雰囲気の婚約指輪を探している、
ならローズカットがおすすめです。
 
続いては
「ラウンドブリリアントカット」についてです。
 
 
 
婚約指輪 オーダーメイド ラウンドブリリアントカット ダイヤモンドの形
 
王道のかたち ラウンドブリリアントカット
 
王道のダイヤモンドの形といえば
ラウンドブリリアントカット。
実はダイヤモンドの特性を
数学的に考えて作られたカットなんです。
 
ベニスの商人ペルツィが
ラウンドブリリアントカットの元となる
「オールドマインカット」を作るのは17世記のこと。
 
このカットはラウンドというよりも四角に近い形でした。
なぜ丸い形ではないのに元になったかというと
カット面がラウンドブリリアントカットと同じ58面体だったからです。
 
その後58面体のまま何度か形を変え、
1919年、ベルギーの数学者で宝石職人の
マルセル・トルコフスキーが
ダイヤモンドの特性である「屈折率と反射」から
ラウンドブリリアントカットの形を確立させました。
 
ただ、今のラウンドブリリアントカットは
1919年に作られたそのままのカットではありません。
カットはその後も進化を遂げています。
より美しくダイヤモンドを光らせるために
美しいファセットの大きさや割合、
パビリオンの丁度良い深さなどが少しずつ変わっています。
 
ダイヤモンドのカット ラウンドブリリアントカット
 
数学者が理論的に導き出した形は
正面から入った光が反射して
また正面に戻ってくるため、
ダイヤモンド自体は透明ですが
石の裏側が透けて見えることはありません。
光が当たるとキラキラと輝き、
その光が強ければさらに輝きは増します。
 
 
 
 
婚約指輪 オーダーメイド ラウンドブリリアントカット ダイヤモンドの形
 
同じラウンドブリリアントカットでも?
 
では、ダイヤモンドではない他の石に
同じラウンドブリリアントカットを施した場合
ダイヤモンドと同じような輝き方をするのでしょうか。
 
答えはいいえ。
ラウンドブリリアントカットは
ダイヤモンドが最大限輝くことを考えて作られたカットです。
もちろん、ラウンドブリリアントカットで
カットされている別の石も存在しますが、
ダイヤモンドほど強く輝く石はあまりありません。
 
それはなぜかというと、
石ごとの屈折率の違いに関係しています。
 
ダイヤモンドと他の石との屈折率を比較してみましょう。
4大貴石と言われている4石で比べてみました。
 
ダイヤモンド 2.42
ルビー・サファイア 1.76~1.77
エメラルド 1.57~1.60
 
※ルビーとサファイアはコランダムという同じ鉱物なので
屈折率も同じです。
 
他の石に比べダイヤモンドの数値が高いことがわかります。
 
他の石はダイヤモンドよりも
正面から入った光が石の中を反射して
正面にまで戻ってこないので
ダイヤモンドほど輝くことはできません。
 
さらに、ラウンドブリリアントカットは
ダイヤモンドの屈折率と反射を
数学的に捉えて産まれたカットなので
石の屈折率が違えば角度も違うので
正面に返ってくる光の量が変わってきてしまうんですね。
 
また、同じカットのダイヤモンド同士でも
プロポーションの良し悪しによって
輝き方が変わることがあります。
 
綺麗なラウンドブリリアントカットであれば、
ダイヤモンドの正面から入ってきた光が、
ダイヤモンドの中を反射して正面へ戻ってくることができますが、
例えば厚さが薄すぎたり、厚すぎたりしてしまうと、
屈折している途中で光が外に出てしまうので、
輝きが弱くなります。
 
ダイヤモンドのカット 屈折率と反射
 
ダイヤモンドの評価である4Cの一つに
「CUT」という項目があるのは
カットの形によってもダイヤモンドの輝きの強さが
変わるからなんですね。
ちなみにこの4Cという評価は
ダイヤモンドのラウンドブリリアントカットにしか
つかない評価です。
 
ラウンドブリリアントカットが
ダイヤモンドのカットの王道と言われるのは
4Cという世界共通の評価基準があったり、
ジュエリーとして扱いやすい形というのもありますが、
ダイヤモンドが一番美しく輝くために作られたカットだから
というのも大きな要因の一つではないかなと思います。
 
以上、ラウンドブリリアントカットについてでした。
 
 
 
結婚指輪 婚約指輪 オーダーメイド
 
紀元前の登場から考えると約1800年間も
硬すぎる故にカット方法が改良されず、
さらに原石があまり綺麗ではないので
カラーストーンほど注目されていなかったダイヤモンド。
 
その後の500年で宝石の頂点に立ちました。
 
現在はコンピューター制御による加工技術の向上により、
美しくカットできることが
当たり前になりつつあります。
 
今までハイジュエリーでしか見れなかったような
ファンシーシェイプのダイヤモンドなど、
見たこともない形が市場に出てくる日も
近いかもしれません。
 
今回は
「ローズカットとラウンドブリリアントカット」
についてでした。
 
次回もお楽しみに。
 
 
 
参考
GIA ダイヤモンドの歴史と伝承
ジュエリーコーディネーター3級テキスト
THE RINGS 橋本コレクション指輪 図録

書いた人

スタッフ 小松
ジュエリーの専門学校と御徒町のジュエリー工房で制作経験を積む。ジュエリーの商社でMDとして3年務めたのち、2019年からhitotsuchiに仲間入り。WEBサイトやSNS更新など中の人を担当。ジュエリーコーディネーター3級。
好きなこと:カフェ・お菓子屋さん巡り、刺繍、カメラ、映画、読書

結婚指輪・婚約指輪のオーダーメイドショップ
hitotsuchi 東京代官山 東京都渋谷区猿楽町22-13
TEL 03-6455-0972
MAIL info@hitotsuchi.com
OPEN 12:00~19:00(水、第3日曜定休)
オフィシャルサイトFacebookInstagram
2020.08.28 Friday デザイナーズブログ

嬉しいご連絡

婚約指輪 オーダーメイド サファイアのエンゲージリング

 

こんにちは。

竹添です。

 

 

嬉しいことに

お問い合わせやご注文を
たくさんいただいております。

 

 

いつもは
フルオーダーの制作事例を
週に一回くらいはご紹介していたのですが

 

今月はなかなかご紹介できずに

8月が終わってしまいそうです。。

 

 

ご注文いただいた
素敵な結婚指輪・婚約指輪が
沢山できあがっていますので、

もう少しだけ
楽しみにお待ちいただればと思います。

 

 

 

さて、今回は

 

以前エンゲージリングを
制作させていただいたお客様から
嬉しいご連絡が。

 

 

SPURさんのウェブサイトにある
HAPPY STORYという
様々な方の結婚式をご紹介しているページで
お二人がとっても素敵にご紹介されていました。

 

掲載ページ:
https://spur.hpplus.jp/wedding/
happystory/202008/28/QnRIRhE/#3 

 

フルオーダーでご依頼いただいた
サファイアのエンゲージリングも
綺麗に撮っていただいておりますが

 

何より、
ご新郎様、ご新婦様の
きらきらと輝いた笑顔と
素敵な結婚式が拝見でき
とても嬉しく思います。
本当におめでとうございます。

 

hitotsuchiの制作事例のページにも
こちらのエンゲージリングについてご紹介しています。
是非ご覧ください。
フルオーダーリング制作事例No.187大振りなサファイアの婚約指輪

 

 

 

指輪をお渡しした後に
お客様から
結婚式の時の写真を送ってくださったり
お二人で指輪を着けた写真を
頂けることがあるのですが

 

作り手として本当に嬉しいことで
いつも励みになっております。
是非今後とも遠慮なくどしどし送ってください笑

 

これからも
いつでも気軽に頼れる職人でありたいと思いますので
どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

書いた人

デザイナー兼クラフトマン 竹添拓也
東京の学校でジュエリー制作を学び、2006年アクセサリーブランド「e.m.」入社。自社ブランドの原型制作の他、OEM、映画、ドラマなど幅広いクライアントの要望を3000点以上形にする。
2013年のhitotsuchiオープン以来1000組以上の結婚指輪・婚約指輪を制作。お客様との打ち合わせ、制作、お渡しまで一貫して担当。

結婚指輪・婚約指輪のオーダーメイドショップ
hitotsuchi 東京代官山 東京都渋谷区猿楽町22-13
TEL 03-6455-0972
MAIL info@hitotsuchi.com
OPEN 12:00~19:00(水、第3日曜定休)
オフィシャルサイトFacebookInstagram
2020.08.24 Monday ジュエリーの知識

8月の誕生石 ペリドット

こんにちは、
スタッフの小松です。
 
最近はストレッチに加え
腹筋を割る動画に挑戦しています。
 
終わった後のすっきり感と、
動画のお姉さんが「今日もよくがんばりました^^」と
褒めてくれるのが嬉しくて毎日やってます。
 
運動後に飲む冷たい牛乳を楽しみにして
ソフトなシックスパックを目指す日々です。
 
婚約指輪 オーダーメイド ペリドット 8月 誕生石
 
今回は8月の誕生石、ペリドットについて。
 
ペリドットは
薄緑色の透き通った綺麗な石です。
 
名前の由来は
アラビア語の faridat で
宝石という意味です。
 
ペリドットの鉱物種名はオリビンと言います。
この名前は石の色がオリーブ色だったためにつけられました。
 
ペリドットやオリビンの和名は
カンラン石 かんらんせき と言います。
 
カンランとは植物の名前なのですが
オリーブのことかと思いきや実は全く別の植物です。
ですが、当時は同じ植物と思われていたため、
鉱物名のオリビンを和訳する際に
オリーブと思われていたカンランから名前を取り
カンラン石と名付けられました。
 
ペリドットの宝石言葉は「夫婦の幸福」。
ブライダルリングにはぴったりの言葉ですね。
 
婚約指輪 オーダーメイド ペリドット 8月 誕生石
 
ペリドットは紀元前からジュエリーに
使用されてきました。
 
紅海に浮かぶセント・ジョンズ島が
初めてペリドットが採掘されていた場所とされており
古代エジプト人はこの島のことを
Topaziosトパジオスと呼びました。
 
このトパジオス、
実はトパーズという石の名の由来でもあるのですが、
また名前が違う同じ種類の石なのか???と思いきや、
ペリドットとトパーズは全く別の種類の石です。
 
古代の人々はどうやら
ペリドットとトパーズを混同していたようです。
紀元前に古代エジプトの人々が採掘していたトパジオスの宝石は
近年の調査結果では全てペリドットだった事がわかっています。
 
トパジオスから出てきた宝石がペリドットとされ
他から出てきた宝石がトパーズになった経緯は
ちょっと謎なのですが、、、(そのうち調べてみましょう)。
 
他にも、ドイツの神殿を飾る宝石が
ずっとエメラルドと信じられていたのに
調べたらペリドットだったなんて事もあります。
 
クレオパトラが持っていたのはエメラルドではなく
本当はペリドットたっだのではないかとも言われています。
 
当時は、石の鉱物種が分かれているわけでもなく
それをもとにした科学検査などできませんので、
似ている石の混同はよくあったのだと思います。
 
婚約指輪 オーダーメイド ペリドット 8月 誕生石
 
何だか誤解ばかりでは可哀そうなので、
ペリドットの素敵な特徴もご紹介します。
 
ペリドットには夜のエメラルドという意味の
「イブニング・エメラルド」という異名があります。
 
先ほどエメラルドと間違われていた歴史には少し触れましたが、
なぜ”夜の”なのでしょうか。
 
それは薄暗いところでも石が輝くから。
 
蛍光ってこと?ではなく
石が発光するというより、
少ない光にも反応してキラキラ輝くという感じです。
 
石、特に宝石と言われるものは
キラキラしているというイメージを持っている方が
多いと思いますが、
基本的に「光」がなければキラキラしません。
 
すごく当たり前のことなのですが
ジュエリーがキラキラしているのは
光があるからなんですね。
光が強ければ強いほど宝石は輝くので
百貨店の宝石売り場のケースの中は
しっかりと強めの照明で照らされており、
お客様が試着している時も
石を照らすためハンドライトのようなものを
持っている販売員さんもいます。
 
そんな中、
薄暗いところでも光ると言われているのが
ペリドットなんです。
ついでにアクアマリンも光ると言われてます。
 
ペリドットの持つ高い屈折率によって
夜の淡い蝋燭の光の中でも
キラキラと輝いていたからという理由から
「イブニング・エメラルド」と呼ばれました。
 
じゃあ、エメラルドとペリドットの
屈折率の高さの対比はというと
ペリドット:1.65~1.69
エメラルド:1.577〜1.583
 
うーん、あんまり変わらない?
ような気がしますが、
2つの宝石の特徴を比べてみると、
透明度が高く綺麗な石が多いペリドットと
インクルージョンを含みやすいエメラルドだと
光の弱い場所ではペリドットの方が
より美しく輝いたんだろうと思います。
 
電気が無かった時代の夜は薄暗く、
ドレスに身を包んでのディナーや舞踏会の時に
ペリドットのジュエリーを着けていたら
キラキラと輝いてとても綺麗だったんじゃないかなー
と想像して胸躍らせてしまいました。
 
そしてペリドットはもう一つ、
他の宝石とは違う特徴を持っています。
それは地球以外にも存在しているという所です。
 
実は、「パラサイト」という石鉄隕石の一種の中から
ペリドットが発見されています。
そこから取れたペリドットは
パラスティック・ペリドットと呼ばれ
数も少なく貴重なためとても高価な値段で取引されています。
宇宙にも存在してしまうなんて!
他の石にはない特徴です。
 
一方、地球上ではどうかというと、
地球の中身である上部マントルのほとんどが
ペリドットを含むカンラン岩でできています。
つまり、ペリドットは地球の構造を担っている石なんです。
 
ハワイにあるグリーンサンドビーチは
ペリドットがたくさん含まれた緑色の砂浜があり
とても綺麗なんだそうですよ。
宝石の砂浜なんて
自分の誕生石でなくても一度は見てみたいものです。
 
 
 
今回は8月の誕生石、
ペリドットについてでした。
 
ペリドットが宇宙に存在して、
さらに地球の構造を担ってるなんて、
この記事を書く為に調べるまで
全く知りませんでした。
 
産出量が多いので貴重石とまではいきませんが、
緑色の美しい石であることに変わりはありませんし、
量が多い分、綺麗な石を無理のない価格で選ぶ事ができます。
 
大粒の石も比較的手に入りやすいのですが
大きめの石は指輪だと引っかかってしまうので
ピアスだったり、ネックレスにすると
華やかで可愛らしくなると思いますよ。
 
夏には爽やかな緑色で透明度の高いもの、
秋冬にはモスグリーンのような
濃いめの色のペリドットが
似合うんじゃないかなと思います。
 
 
来月9月の誕生石はサファイア。
ルビーのご兄弟でしたね。
次回もどうぞお楽しみに。
 
 
参照:
ジュエリーコーディネーター3級テキスト
GIA https://www.gia.edu/JP/home
海洋研究開発機構 http://www.jamstec.go.jp/j/

書いた人

スタッフ 小松
ジュエリーの専門学校と御徒町のジュエリー工房で制作経験を積む。ジュエリーの商社でMDとして3年務めたのち、2019年からhitotsuchiに仲間入り。WEBサイトやSNS更新など中の人を担当。ジュエリーコーディネーター3級。
好きなこと:カフェ・お菓子屋さん巡り、刺繍、カメラ、映画、読書

結婚指輪・婚約指輪のオーダーメイドショップ
hitotsuchi 東京代官山 東京都渋谷区猿楽町22-13
TEL 03-6455-0972
MAIL info@hitotsuchi.com
OPEN 12:00~19:00(水、第3日曜定休)
オフィシャルサイトFacebookInstagram
新しい記事1 2

Recent Posts

Archives