BLOG ・ ブログ


2021.04.12 Monday ジュエリーの知識

デザインの知識13 取り巻きリング

こんにちは、
スタッフの小松です。
 
桜色だった木々が
綺麗な緑色になってきましたね。
 
花見願望はそんなになく
毎年桜の下を歩くくらいだったのですが
 
来年は満開の桜の下で
お弁当を広げて
思いっきり花見をしてみたいです。
 
叶ったらいいな!という気持ちで
今から楽しい予定を
立てていようと思います。
 
結婚指輪 婚約指輪 オーダーメイド エタニティリング
今回のデザインの知識は
「取り巻きリング」です。
 
取り巻きリングという指輪を
ご存知でしょうか。
 
センターに1つ大きめの石があり、
その周りを小さなメレダイヤで囲った
先程の写真のようなものを言います。
 
取り巻きリングの意味としては
「取り巻き」の動詞「取り巻く」の意味である
”まわりを囲む。取り囲む。”
という意味から来ているようです。
 
今回はそんな取り巻きリングについて
詳しくお話させて頂きます。
 
婚約指輪 オーダーメイド 取り巻き
【取り巻きの2つの名前】
 
まわりを囲むという意味の取り巻きリング。
中心の石を小さな石が取り巻いていれば
全て取り巻きリングとされていますが
その中でも名前がついているものが2つあります。
 
①クラスターリング
一つ目はクラスターリング。
クラスターセッティングとも言われます。
 
クラスター(cluster)は
「房(ふさ)、群れ、集団」
という意味を持っていて
取り巻きの中でも特に
センターストーンを中心にして
対称にラウンドのメレダイヤを並べた
花のような形のものを指します。
 
取り巻き自体が花のような形なので
大体がクラスターリングだと言われると
そうかもしれないのですが、
 
アンティークジュエリーのクラスターリングは
現代の取り巻きリングとはまた違う
爪やリングそのものの形から
花らしさを強調したデザインになっています。
ご興味がある方はぜひ調べてみて下さい。
 
②バレリーナ
二つ目はバレリーナ。
センターストーンの周りを
バケットと呼ばれる台形にカットされた
ダイヤモンドを放射線状に敷き詰め、
一周ぐるりと囲ったものを指します。
 
形がまるでバレリーナのチュチュのようなので
バレリーナという名前がつきました。
 
バケット部分が
真っ直ぐ平行に留まっているものもあれば
波打っているようなものもあります。
 
ただ少し古いデザインなので
最近のジュエリーやアクセサリーには
あまり見かけません。
 
 

【今っぽい取り巻き】
 
かなり昔から存在している取り巻きリング。
取り巻きのデザインは
17世紀ごろの指輪にもみられるので
その歴史は四百年ほど前から続いています。
 
婚約指輪のデザインとしても
ソリティアと並べるくらいスタンダードで
様々なブランドが作っている形です。
 
昔、新聞の折り込み広告で
ジュエリーショップのものがあると
見つけては眺めていましたが
掲載されている大きな飴玉みたいな指輪って
大体取り巻きにされていたなと思い出しました。
 
折り込み広告にあったような指輪を
見かけることは少なくなってきましたが、
スタンダードな反面、デザインによっては
少し古臭さを感じてしまうものも
あるのかなと思い
 
では反対に「今っぽい取り巻き」って
どんなものなんだろうと
デザイナーに聞いてみました。
 
・全体的にカジュアルなデザイン
・石の大きさ重視より日常使い重視でサイズや高さは抑えめ
・腰(石座側面)の高さは抑え、唐草の透かしのような装飾はない
・コンビネーションにして石座と腕の金属を変えるデザインも人気
・センターストーンはダイヤモンド、ルビー、サファイアだけでなく、
カラーダイヤやローズカットダイヤなども人気
 
取り巻き自体は華やかなものですが
昔の飴玉ほど大きいものではなく、
シンプルな作りの方が
今っぽい取り巻きリングになると思います。
婚約指輪などを選ぶ際にご参考になれば幸いです。
 
 
hitotsuchiのセミオーダーの婚約指輪にも
取り巻きの婚約指輪がありますので
ぜひご参考になさってみて下さい。
 
hitotsuchi 婚約指輪一覧
 
またフルオーダー制作事例にも
素敵な取り巻きの婚約指輪があります。
こちらもぜひご参考になさってください。
婚約指輪で絞ると見やすいと思います。
 
フルオーダー制作事例
 
 
今回は取り巻きリングについて
書いていきました。
 
hitotsuchiの取り巻きリングは
大変可愛らしいものが多いので、
 
セミオーダーもフルオーダーも
気になっていただけましたら
ぜひご予約・お問い合わせを
お待ちしています。
 
hitotsuchi ご予約・お問い合わせ
 
 
今回のデザインの知識はここまで。
次回もお楽しみに。
 
 
参照:
ジュエリーコーディネーター3級テキスト
THE RINGS

書いた人

スタッフ 小松
ジュエリーの専門学校と御徒町のジュエリー工房で制作経験を積む。ジュエリーの商社でMDとして3年務めたのち、2019年からhitotsuchiに仲間入り。WEBサイトやSNS更新など中の人を担当。ジュエリーコーディネーター3級。
好きなこと:カフェ・お菓子屋さん巡り、刺繍、カメラ、映画、読書、居合道

結婚指輪・婚約指輪のオーダーメイドショップ
hitotsuchi 東京代官山 東京都渋谷区猿楽町22-13
TEL 03-6455-0972
MAIL info@hitotsuchi.com
OPEN 12:00~19:00(水、第3日曜定休)
オフィシャルサイトFacebookInstagram
2021.03.12 Friday ジュエリーの知識

デザインの知識12 アクロスティックリング

こんにちは、
スタッフの小松です。
 
今回の「アクロスティックリング」。
実は歴史上有名な人物が
関係しています。
 
こんなものを考えつくなんて
意外とロマンチックな人だったんだろうかと
思わずにいれませんでした。
 
・フランス皇帝
・ロシア遠征
 
と聞けば
なんとなくわかる方もいらっしゃるでしょうか。
 
結婚指輪 オーダーメイド アクロスティックリング
 
今回のデザインの知識は
「アクロスティックリング」です。
 
聞きなれない言葉かもしれませんが、
「アクロスティック」とは
各行の最初の字をつなげると言葉になる
という戯詩のことです。
 
例えば、これは伊勢物語という
古い物語のなかにある歌ですが
 
からころも
きつつなれにし
つましあれば
はるばるきぬる
たびをしぞおもう
 
この句の一番最初の言葉をひろうと
「かきつばた」という花の名前になるというもので
日本では折句と言います。
 
実はジュエリーにも
そんな遊び心のあるものがあります。
それが今回ご紹介する
「アクロスティックリング」です。
 
この文字遊びをジュエリーではどうするかというと、
宝石の名前のアルファベットの頭文字を
文章や名前にしていきます。
 
中でも有名なのが
19世紀に流行した「REGARD」リング。
 
REGARDとは
敬愛という意味なのですが、
 
左から右に
Ruby ルビー
Emerald エメラルド
Garnet ガーネット
Amethyst アメシスト
Ruby ルビー
Diamond ダイヤモンド
 
という順番で石を留めて
敬愛という意味を込めました。
ちょっとロマンチックですよね。
 
この遊び心たっぷりな
ジュエリーをはじめに作ったのが
有名ジュエリーブランドのショーメ。
 
そしてショーメにそれを作らせたのが
世界史ではおなじみの
フランス皇帝ナポレオン1世です。
 
ただ、初めに作られたのはリングではなく、
ブレスレットでした。
 
このナポレオンの
アクロスティックブレスレットは
お母さんのマダム・メール、
1人目の妻のジョゼフィーヌ、
2人目の妻のマリー・ルイーズへ送られています。
 
ナポレオンが送ったブレスレットの宝石は
REGARDではなく
相手の名前や自分の名前、子供の名前、
お互いの誕生日などにして
送っていたようです。
 
これが社交界でも広がり
愛の言葉などを
直接ではなくひっそりと表すジュエリーとして
人気を博しました。
 
19世紀に流行したため
アンティークジュエリーではお馴染みですが
現在でも婚約指輪に使われることもあります。
ダイヤだけでなく色とりどりの石が並ぶので
個性的な婚約指輪になりそうですね。
 
 
 
結婚指輪 オーダーメイド レティキュレーション
アルファベットにできるなら
「REGARD」だけでなく
色々な言葉やイニシャルを
紡げるのではないか?
 
というわけで、
せっかくなのでアルファベット順で
色々な石をご紹介してみようと思います。
 
ただA~Z全てを揃えることは
できませんでした。
 
石の種類自体は沢山あって
A~Zに該当する石もあるのですが、
ジュエリー加工までできる石か
ジュエリーに相応しい石であるか
というのも懸念しなければなりません。
 
いくら美しくても
加工に耐えられなければ
割れてしまいますし、
 
いくら加工に耐えられても
石特有の美しさがなければ
あまりジュエリーには
向いていないかなと思います。
 
また石屋さんも基本的には
ジュエリーに向いている石を
取り扱っているので
流通がある中で
ご紹介してみようと思います。
 
 
A aquamarine アクアマリン/amethyst アメシスト
B beryl ベリル
C citrine シトリン
D diamond ダイヤモンド
E emerald エメラルド
F fire opal ファイアーオパール
G garnet ガーネット
H hessonite ヘソナイト(グロッシュラーガーネット割れやすく粒が大きい)※1
I iolite アイオライト
J Jadeite ジェダイト(硬玉・ヒスイ・高価)※2
K kunzite クンツァイト
L lapis lazuli ラピスラズリ ※3
M moonstone ムーンストーン
N nephrite ネフライト(軟玉・ヒスイ・カボション) ※4
O opal オパール(カボション) ※5
P peridot ペリドット
Q quarts クオーツ
R ruby ルビー
S sapphire サファイア
T tourmaline トルマリン
U -
V -
W white topaz ホワイトトパーズ
X -
Y yellow diamond イエローダイヤ
Z zircon ジルコン
 
 
※1 ヘソナイト 小粒のものがあまりありません。
※2 ジェダイト 硬い翡翠で基本的に粒が大きく高価です。
※3 ラピスラズリ カボションが多く埋め込みには向いていません。
※4 ネフライト カボションが多く伏せ込みにはむていません。
※5 オパール カボションが多く伏せ込みには向いていません。
 
U V Xに関しては
主に流通している石の中では
ご案内できそうなものがありませんでした。
 
※がついている石は
サイズや形状に制限はありますが
条件が合えばご案内できるかと思います。
 
何も特記事項がない石に関しては
比較的融通が効きやすい石です。
ただ、天然石は石の品質、在庫、価格はその時によって違うので
ご案内できない場合もあります。
 
hitotsuchiで取り扱いのある誕生石とカラーダイヤモンドは
追加1石/ ¥3,300(税込)~追加できます。
取り扱い石一覧はこちら
誕生石として取り扱いのない石は別途お見積が必要です。
 
 
 
結婚指輪 オーダーメイド ダイヤモンド付き 男性用
19世紀に流行した「REGARD」リングは
指輪の外側に大きめな石を
連ねて留めていましたが
 
現代では大粒の6個の石を連ねたリングとなると
かなり太く華やかな印象になります。
 
結婚指輪や婚約指輪で
アクロスティックを取り入れる場合のおすすめは
彫留めや伏せ込みなどで
さりげなく入れると
可愛らしいのではないでしょうか。
 
エタニティリングの一部の石を
文字になるように変えてみるのも
素敵かもしれませんね。
 
今回はアクロスティックリングについてでした。
次回もお楽しみに。
 
 

書いた人

スタッフ 小松
ジュエリーの専門学校と御徒町のジュエリー工房で制作経験を積む。ジュエリーの商社でMDとして3年務めたのち、2019年からhitotsuchiに仲間入り。WEBサイトやSNS更新など中の人を担当。ジュエリーコーディネーター3級。
好きなこと:カフェ・お菓子屋さん巡り、刺繍、カメラ、映画、読書

結婚指輪・婚約指輪のオーダーメイドショップ
hitotsuchi 東京代官山 東京都渋谷区猿楽町22-13
TEL 03-6455-0972
MAIL info@hitotsuchi.com
OPEN 12:00~19:00(水、第3日曜定休)
オフィシャルサイトFacebookInstagram
2021.03.05 Friday ジュエリーの知識

3月の誕生石 珊瑚

こんにちは、
スタッフの小松です。

 

突然ですが今年は挑戦の年として
居合道を始めました。

 

最初は怖かったのですが
稽古しているうちに
何も考えず無心で日本刀を振っているのが
不思議と心地よかったです。

 

実は日本刀はジュエリーと少し関係があります。

 

日本には彫金という金属加工の技術があるのですが
日本刀の鍔や目貫と言われる
刀の一部を作っていた彫金師が
廃刀令で職を失ったのをきっかけに
装飾品を作り始めたのが
日本の装飾品の始まりという説があります。

 

あたらしく踏み込んだ世界で
知っているものに出会うと
世間は狭いなあなんて思ってしまいます。

 

 

 

3月 誕生石 サンゴ 珊瑚 
今回は3月の誕生石、
珊瑚について。

 

3月の日本の誕生石には
アクアマリンもあります。
別の記事でご紹介しているので
そちらもぜひご覧ください。
3月の誕生石 アクアマリン

 

珊瑚は女性のお守りや
産後(=珊瑚)のお祝いに
贈られることもあります。
語呂合わせで結婚35周年を
珊瑚婚式とも言います。

 

宝石言葉は
「確実な成長」「家長の威厳」
「長寿」「聡明」「幸福」。

 

昔ばなしの中で
金や銀のお宝が出てくると
必ずと言っていいほど
珊瑚の原木が小判の間にブスッと刺さっているのも
日本人ならではの印象ではないでしょうか。

 

 

 

一番身近にある珊瑚といえば
海の浅瀬に広がる珊瑚礁かなと思います。

 

海なし県で育ったので
あまり海の思い出がない私でも
珊瑚礁と聞くと
透明度の高い南国の海で、
色とりどりの魚の隠れ蓑として
様々な形で私たちを楽しませてくれている
美しい海になくてはならない存在のような気がします。

 

美しい海に欠かせない
自然界が作り出す美術品のような珊瑚礁。

 

ですが今回ご紹介する
誕生石として扱われている珊瑚は
実は浅瀬の珊瑚礁にはありません。

 

宝石の珊瑚は
青い美しい海とは真逆の
冷たく暗い海の底、深海で採れます。

 

せっかくなのでこの2つの珊瑚について
詳しく書いてみます。

 

 

 

ちょっと理科のようなことをいうと
珊瑚は植物ではなく刺胞動物です。
イソギンチャクやクラゲと
同じような構造を持っています。

 

あんな硬そうなのに
イソギンチャクやクラゲと一緒と言われても
不思議かもしれませんが、
珊瑚にも一応口や触手などがあります。

 

浅瀬にある珊瑚礁を作り出している珊瑚は
造礁サンゴといい、
珊瑚がたくさん集まってできていて
褐虫藻という藻を共生させています。
この藻が光合成をして光合成産物を作り
それを栄養として珊瑚に供給してくれるので
光合成するための太陽の光が届く
浅瀬に生息しています。

 

反対に、
宝石に使用される珊瑚は
非造礁サンゴといいます。
造礁サンゴと違い
単体で褐虫藻と共生していないため
光の届かない海の底で
触手を使ってエネルギーを補い
ゆっくりと成長しています。
養殖はできず立派な原木になるまでは
100年以上を要するそうです。

 

この深海に生息している珊瑚で
宝石として扱われている珊瑚は
アカサンゴ、ベニサンゴ、
シロサンゴ、モモイロサンゴなどです。
総称で宝石珊瑚とも言われています。

 

形は珊瑚礁の岩のようなサンゴとは違い、
葉のついていない枝のような形をしています。

 

珊瑚の色は主に
赤、ピンク、白で構成されていますが、
個体によって色の濃淡があり
宝石として最高級の色と言われているのは
ox blood(オックス・ブラッド)、
ヨーロッパではtosa(トサ)とも呼ばれることもあり、
日本では血赤(ちあか)と呼ばれる
濃い赤色の珊瑚です。

 

写真がないのでここでお見せできないのが残念ですが
血のようなとっても深い赤い色をしています。

 

また薄いピンク色の珊瑚は
とても可愛らしい色をしていますが
日本では「ぼけ」と呼ばれています。
なんだかひどい言い方ですね。

 

「ぼけの花の色」からきたとも言われているし、
「色がぼけているから」とも言われていてますが、
真相はわかりません。

 

ついでにヨーロッパでは
薄いピンク色の珊瑚は
エンジェルスキン(天使の肌)
と言われていて人気だそうですよ。

 

珊瑚の産地は地中海でも取れますが、
世界的に多いのは日本近海です。
特に土佐(高知県)は水揚げの量が多く
土佐珊瑚や高知珊瑚と呼ばれることもあります。

 

 

 

3月 誕生石 サンゴ 珊瑚 
【珊瑚の取り扱い】

 

指輪、ネックレス、ピアス等
様々なジュエリーで使用されていますが、
硬度は3.5〜4.0なので
石の中では非常に柔らかい宝石です。
硬いものにぶつけたり
潰してしまわないよう気をつけてください。

 

形は球体や丸いフォルムの方が多いです。
反対にダイヤモンドのような
ブリリアントカットをすることはありません。

 

強度としては弱いですが
柔らかいので表面を細かく彫ることができ
彫刻や帯留めなどにも加工されます。
和装などを楽しまれる方には
身近な宝石かもしれませんね。
細かい彫りを施しているものは
溝に汚れが溜まりやすいので
埃がかからない場所に保管しましょう。

 

また珊瑚の成分は
ほとんどが炭酸カルシウムでできています。
酸性のものに弱く人間の汗や皮脂でも
長時間放置すると変色を起こします。
使用後は柔らかい布で拭いてから
しまってください。

 

 

 

今回は3月の誕生石
珊瑚についてでした。

 

今回も珊瑚について調べていくうちに
新しい発見が沢山あったのですが、
特に宝石珊瑚が深海に生息していることが
とても不思議でした。

 

深海に住む生き物たちは
目が退化していたり
目の代わりに触覚がとても敏感になっていたり
時に発光するものなど
周りが見えない前提の進化を遂げているのに
(むしろ進化していないのかもしれませんが)、
どうして珊瑚は何も見えない深海で
鮮やかな赤色になったんでしょう。
地球には知らないことがまだまだ沢山ありますね!

 

今回はここまで。
次は5月に誕生石として
翡翠をご紹介する予定です。
緑の美しい石です。
次回もお楽しみに。

 

 

 

参照
ジュエリーコーディネーター3級テキスト
Wikipedia サンゴ

書いた人

スタッフ 小松
ジュエリーの専門学校と御徒町のジュエリー工房で制作経験を積む。ジュエリーの商社でMDとして3年務めたのち、2019年からhitotsuchiに仲間入り。WEBサイトやSNS更新など中の人を担当。ジュエリーコーディネーター3級。
好きなこと:カフェ・お菓子屋さん巡り、刺繍、カメラ、映画、読書

結婚指輪・婚約指輪のオーダーメイドショップ
hitotsuchi 東京代官山 東京都渋谷区猿楽町22-13
TEL 03-6455-0972
MAIL info@hitotsuchi.com
OPEN 12:00~19:00(水、第3日曜定休)
オフィシャルサイトFacebookInstagram
1 2 3 4 5 ... 9

Recent Posts

1...23

Archives