BLOG ・ ブログ


2020.10.30 Friday ジュエリーの知識

デザインの知識⑨ ジュエリーの始まり

こんにちは、
スタッフの小松です。

 

寒くなりましたね。
温かい飲み物が美味しい季節の到来です。

 

hitotsuchiから歩いてすぐなので
よく代官山蔦屋のスターバックスに行きます。

 

蔦屋店内の椅子は
スタバの飲み物であれば
本を読みながら飲んでも
大丈夫なんですよ。
別号館の室内の椅子も大丈夫です。

 

外の席は
本は持ち出しはできず飲み物だけですが
外で飲むコーヒーは美味しいという
同じ気持ちの方が多いので
満席のことが多いです。

 

そんな時は隣接している1号館と2号館の間や
大きな道路沿いにも椅子やベンチがありますので
探してみてください。
案外空いているかもしれません。

 

 

 

結婚指輪 オーダーメイド メレダイヤモンド

 

デザインの知識、
第九回は「ジュエリーの始まり」です。

 

ジュエリーというと
ダイヤモンドや宝石が留まっていたり
金やプラチナで出来ていて
高価なものという印象が強いと思います。

 

ですがジュエリーの前身である
装身具(そうしんぐ)は

 

初めは石や粘土や焼き物、
動物の一部を使ったものでした。

 

日本も
縄文時代、弥生時代、古墳時代の遺跡からは
石や焼き物や動物の一部を使った
装身具が出土しています。

 

中でも代表的なものは
貝の貝殻を使った
貝輪(かいわ)と呼ばれるブレスレットや、
勾玉(まがたま)と呼ばれる
ネックレスなどです。
勾玉は歴史の教科書に
載っているのを見たことがないでしょうか。

 

 

身近なものを使って作られた装身具。
今のように材料も道具も豊富ではないのに、
昔の人々は現代人以上に
様々な装身具を身につけています。

 

人はなぜ装身具で
身を飾るようになったのでしょうか。

 

そこで今回は諸説ある中から
人が装身具を付け始めた理由と言われている
代表的な4つの説をご紹介いたします。

 

 

 

結婚指輪 オーダーメイド ミルグレイン

 

①呪術起源説
なんとも禍々しい字面ですが、
実は最も多いのがこの
装身具の始まりは呪術や魔術に関連していると
捉えた説です。

 

昔の人は自分や家族を
自然災害、病気、闇に潜む得体の知れないものなどから
守ってもらうために装身具を身につけました。

 

誕生石のコラムの中でも時々書きますが、
6月の誕生石ムーンストーンは
満月の時に口に含むと未来が見えたとか、
9月の誕生世紀サファイアは
病気を治療するために使われていた
という話もあります。

 

今よりも得体の知れないものが多かった時代は
きっと宝石や装身具には何か不思議な力があって、
特別なものを身に付ける事によって
守られていると感じていたのでしょうね。

 

現代でもそんな気持ちが残っていて
お守りや数珠やキリスト教の十字架という
宗教に関するものや
宝石言葉やパワーストーンなどが
これに当たるのではないでしょうか。
ジュエリーではありませんが、
自分の近くに置くものですし、
願いや祈りも広い意味では
呪術といえるかもれません。

 

 

②ホモ・ルーデンス説
ホモ・ルーデンス 
《遊ぶ人の意》人間観の一。遊ぶことに人間の本質的機能を認める立場から人間を規定した言葉。オランダの歴史家ホイジンガが提唱した。

 

ホモ・ルーデンスとは遊ぶ人という意味です。
全ては遊び心からできたというこの説は
何故と考える必要はなく、
遊びの中で装身具が生まれたとしました。

 

例えば縄文土器は
鍋や器のように扱うのですが
日用品にもかかわらず、
たくさんの装飾が施されており、
その装飾は実用には意味がありません。

 

綺麗だったから、楽しかったから、
きっとそんな風にして
身の回りの物や装身具を
身に纏っていたのではないか、という説です。

 

現代の
ファッションを楽しむ感覚にも似ています。
お好きな方は、綺麗だから、楽しいから
この洋服やアクセサリーを着けたい
という気持ちは老若男女問わず
お持ちなんじゃないかなと思います。

 

 

③自己異化説
自分と人が違う事を表すために
装身具を着けたという説です。

 

人とは違った物や自分だけのものって
魅力的に感じることがありますよね。
私も唯一無二感や、
自分だけの何かがあったりすると
ちょっと嬉しいなと思います。
オーダーメイドジュエリーなども
この1つではないでしょうか。

 

割と近代〜現代では想像が付く考え方ですが、
果たして、古代の昔の人々が
今と同じように思ったかは少し疑問です。

 

装身具の起源というよりも
階級というものが明確になってきてから、

 

自分だけのものが欲しいという
現代のような気持ちよりも
権力者が自分と他の人は違う事を表すために
装身具を身につけていた、
という考えのほうが近いのではないかなと思います。

 

 

④自己同化説
先ほどの自己異化説とは反対に
共通の者であるという事を
装身具で表したという説です。

 

村ごとや、国ごとなどで
同じものを身につけることによって
同じグループに属していると表します。

 

同じものを身につけるというと、
現代の大きな集団では社章や校章などが
そういった類になります。
洋服だと制服もそうですね。

 

また、小さな集団では
結婚の証である結婚指輪も
その一つと言えます。

 

同じデザインでも、
同じデザインではなくとも
二人だけの共通点である結婚指輪は
お二人がペアであるという事を
表現するものの一つです。

 

 

 

 

以上、
人類が装身具を付け始めた理由と言われている
代表的な4つの説でした。

 

呪術起源説は
お守りや数珠、
宝石言葉やパワーストーンなど、
ホモ・ルーデンス説は
ファッションを楽しむ感覚、
自己異化説は
オーダーメイドジュエリーなど
自分だけのものが欲しいと思う気持ち、
自己同化説は
社章から、結婚指輪やペアアクセサリーなど

 

どの説も現代人が持っている
物に対する感覚の一つだと思います。

 

皆さんはどの説が
ジュエリーの始まりに近いと思いますか?

 

私はちょっとずるい予想ですが、
1つの説がというよりも
複数の説が入り混じって
装身具が身につけられるようになったのかな
と思っています。

 

 

ついでに冒頭で書いた
日本のジュエリー文化の続きですが、
実は古墳時代の後、
明治時代まで装身具らしい装身具が
ぱたりとなくなります。

 

簪という頭に特化した装身具はありますが、
庶民が着けるような
装身具やジュエリーを作っていた形跡は
ほとんどありません。
外国では沢山あるのに不思議ですよね。

 

技術がなかったのか、
というわけでもないのです。
昔の仏具や刀や簪は美しく
金属加工の技術は
世界でも引けをとりません。

 

材料がなかったのか。
日本は砂金や銀を輸出していました。
黄金の国と呼ばれていた事もあります。

 

外国と交流がなく知らなかったのか。
江戸時代は鎖国をしていましたが、
それ以前は外国と貿易をしていました。

 

興味がなかったのか。
宝物殿や他の宝物が残っているように
高価なものを収集していなかったわけでもないのです。

 

なぜ日本人は長い間
ジュエリーや装身具を着けなかったのでしょうか。
着物が華やかで着ける必要がなかった
という話もありますが、、、
大いなる謎の一つです。
もしかしたら
土に還ってしまうような不思議な素材で
作っていたのかなー
なんて想像してしまいました。

 

 

今回のデザインの知識は
「ジュエリーの始まり」についてでした。
次回もお楽しみに。

 

 

 

参照:
ジュエリーコーディネーター3級テキスト
ジュエリーの世界史 山口遼
ホモ・ルーデンス
Wikipedia 日本の貿易史

書いた人

スタッフ 小松
ジュエリーの専門学校と御徒町のジュエリー工房で制作経験を積む。ジュエリーの商社でMDとして3年務めたのち、2019年からhitotsuchiに仲間入り。WEBサイトやSNS更新など中の人を担当。ジュエリーコーディネーター3級。
好きなこと:カフェ・お菓子屋さん巡り、刺繍、カメラ、映画、読書

結婚指輪・婚約指輪のオーダーメイドショップ
hitotsuchi 東京代官山 東京都渋谷区猿楽町22-13
TEL 03-6455-0972
MAIL info@hitotsuchi.com
OPEN 12:00~19:00(水、第3日曜定休)
オフィシャルサイトFacebookInstagram
2020.10.23 Friday 制作事例

フルオーダーエンゲージ×コスモス×ダイヤ

こんにちは

 

 

 

デザイナーの竹添です。

 

 

 

 

今週は冷え込みが少し和らぎ

 

 

過ごしやすい日が続いてました。

 

 

 

 

本日は終日雨模様。

 

 

 

明日以降はまたしばらくお天気が続きそうでした。

 

 

 

今週末のご予約は

 

日曜はまだ少し空きがありますので

 

 

ご検討中のお客様は

 

 

ぜひお問い合わせお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

さて

 

 

 

本日はこちらのフルオーダーエンゲージリングを

 

ご紹介させて頂きます。

 

 

 

今回制作させて頂いたのは

 

 

ずばり

 

「コスモス」のお花をモチーフにした婚約指輪。

 

 

 

当店では

 

お相手様のお名前やお仕事にゆかりのあるお花を

 

婚約指輪のモチーフに、というご依頼が

 

ちょこちょこ頂きます。

 

 

今回は

 

お二人とも植物のお仕事関係ということで

 

コスモスのお花をモチーフに

 

デザイン考えることにしました。

 

 

早速

 

完成品がこちら。

 

婚約指輪 オーダーメイド コスモス

 

 

コスモスの8枚の花びらを

 

ほんの少しだけ折り重なるように作り

 

 

その中心に

 

3.0mmの最上クラスのダイヤモンドを留めました。

 

 

婚約指輪 オーダーメイド コスモス

 

素材はプラチナ950、

 

艶多めのマット加工で仕上げました。

 

 

 

 

トップのシルエットを際立たせるために

 

腕は極力シンプルに

 

婚約指輪 オーダーメイド コスモス

 

 

 

実際のコスモスを観察し

 

デフォルメした方がいいところと

 

そうでないところを悩みながら

 

花びらを1枚ずつロー付けして指輪にしました。

 

婚約指輪 オーダーメイド コスモス

 

 

婚約指輪 オーダーメイド コスモス

 

 

婚約指輪 オーダーメイド コスモス

 

 

 

 

先日無事プロポーズ成功したと

 

お二人でご来店いただけ

 

 

明るいご新婦様の薬指に納められた指輪が

 

とても素敵に輝いていました。

 

 

 

婚約指輪 オーダーメイド コスモス

 

 

 

お二人の約束を

 

そっと見届けた1輪のコスモス。

 

 

 

これからもお二人の色んな日常に寄り添って

 

力強く咲き続けてくれることでしょう。

 

 

 

 

末長くお幸せに。

 

 

 

 

 

書いた人

デザイナー兼クラフトマン 竹添拓也
東京の学校でジュエリー制作を学び、2006年アクセサリーブランド「e.m.」入社。自社ブランドの原型制作の他、OEM、映画、ドラマなど幅広いクライアントの要望を3000点以上形にする。
2013年のhitotsuchiオープン以来1000組以上の結婚指輪・婚約指輪を制作。お客様との打ち合わせ、制作、お渡しまで一貫して担当。

結婚指輪・婚約指輪のオーダーメイドショップ
hitotsuchi 東京代官山 東京都渋谷区猿楽町22-13
TEL 03-6455-0972
MAIL info@hitotsuchi.com
OPEN 12:00~19:00(水、第3日曜定休)
オフィシャルサイトFacebookInstagram
2020.10.19 Monday ブライダルコラム

男性が着けるダイヤモンド付きの結婚指輪

最近はダイヤモンドを使用した
結婚指輪が沢山あります。
 
可愛いもの、エレガントなもの、
いろんな雰囲気があって
どんな結婚指輪にしようか
目移りしてしまいますよね。
 
でも、ブライダルショップなどで目にする
ダイヤモンドが付いている結婚指輪は
女性向けのデザインがほとんど。
 
果たしてダイヤモンド付きの結婚指輪は
女性だけのものなのでしょうか?
 
いえいえ、そんなことはありません。
当店はオーダーメイドの結婚指輪を制作していますが
男性、女性問わず、
ご自身に似合った素敵な石付きの結婚指輪を
ご注文されています。
 
そこで今回は、結婚指輪のオーダーメイド専門店が
男性が選ぶダイヤモンド付きの結婚指輪という目線で
ダイヤモンド付きの結婚指輪を選ぶ際のコツや
フルオーダーのダイヤモンドがついている結婚指輪を
ご紹介いたします。
 
ダイヤモンド以外の石付きの結婚指輪を
ご検討されている方も
ぜひご参考になさってください。
 

 
 

1.ダイヤモンド付きの結婚指輪


結婚指輪 オーダーメイド ダイヤモンド付き 男性用
ハーフエタニティや、フルエタニティと言われる
ダイヤモンドがふんだんに使われている結婚指輪から、
1石だけシンプルに使用している結婚指輪など、
ダイヤモンド付きの結婚指輪は
どのブランドやお店にいっても
見ることができるようになりました。
 
ただ、沢山のブライダルリングを見ても
多くは女性がつけるものとして販売されており
ダイヤモンドがついている
男性向けの結婚指輪はとても少ないです。
 
メンズのアクセサリーやジュエリーにも
石付きのものはあるのに
男性向けのダイヤモンド付きの結婚指輪は
好まれていないのでしょうか?
 
実はそんなこともないんです。
全体からすると数は少ないかもしれませんが
当店では結婚指輪に石を入れるのは珍しいことではなく、
実際に結婚指輪に石を入れる男性もいらっしゃいます。

後ほどご紹介いたしますが
どれも品があって素敵な結婚指輪です。
 
次の章では
石付きの結婚指輪に興味がある方に向けて
どんなふうにダイヤモンド付きの結婚指輪を選んだらいいか
選び方のコツをご紹介いたします。
選び方次第でぴったりの結婚指輪が見つかるかもしれませんよ。

 
 

2.ダイヤモンド付きの結婚指輪を選ぶ際のコツ


結婚指輪 オーダーメイド ダイヤモンド付き 男性用
ダイヤモンド付きの結婚指輪を選ぶときには
下記の3つを気にしてみてはいかがでしょうか。
 
①職場でも気兼ねなく着けられるか
②どんな雰囲気にしたいか
③石の種類

 
順に見ていきましょう。
 
 
①職場でも気兼ねなく着けられるか
 
男性女性に限らずですが、
ダイヤモンド付きの結婚指輪を選ぶ際に
結婚指輪を着けたままにする予定の方は
職場で着けられるかは重要な問題です。
 
まずは華やかさ。
派手すぎるんじゃないかという心配です。
ダイヤモンドが1石ならそこまで派手にはなりませんが
まとまった数のダイヤモンドを付けた場合は
金属だけの結婚指輪よりも断然目立ちます。
今は少ないかもしれませんが、
「華やかな結婚指輪」が禁止されている
という会社もあるそうです。
 
もしも石付きの結婚指輪を探していて
・華やかすぎないものが良い
・仕事柄華やかな結婚指輪が着けられない
場合は、
 
ダイヤモンドの数が少ないデザインを選んだり、
半分ずつで見た目が違うハーフデザインなどを選ぶと
仕事の時だけシンプルな側にすることもできます。
ぜひお店の方にご相談してみてください。
 

また仕事が力仕事で手をよく使う、
指輪をぶつけやすい場合は
石が外れてしまう可能性があります。

石が外れるたびに修理に出さなければならないので
この場合は外れにくい結婚指輪の内側に石を入れる、
またはお仕事中は結婚指輪を外した方が
結婚指輪を永くきれいに保てます。
無くしてしまうのが心配な時は
ネックレスに通して身につけておいたり、
外した時用の専用のケースを持ち歩くのもおすすめです。
 
 
②どんな雰囲気にしたいか
 
石付きの華奢で柔らかい雰囲気
結婚指輪をお探しでしたら
種類が豊富な女性のデザインから探すのも一つの手です。
種類が多いので
男性がつけても素敵なデザインもありますし、
サイズ展開を広くとっているお店もあります。
気になった結婚指輪があればご来店・ご相談の前に
ネットなどでお店の結婚指輪のサイズ展開を
確認するのも良いですね。
 
女性向けの結婚指輪を見るのは
ちょっと恥ずかしいかもしれませんが、
店員さんはプロですので丁寧にご案内してくれると思います。
「石付きの結婚指輪を探していて、
少し細身がいいので女性のデザインも見たい」と
言っていただければよりスムーズかと思います。
一つ注意点としては
指輪のサイズが大きくなると
使っている素材の量が増えるので
お店によっては追加料金がかかる場合があります。
 
石付きで金属部分がしっかりしててカッコいい雰囲気
結婚指輪をお探しでしたら、
男性向けのデザインの中でダイヤモンド付きを探した方が
理想の形に近づけると思います。
ただ、まだまだ女性向けに比べると
男性向けのダイヤモンド付きの結婚指輪は数が少ないので
選びたい放題!というわけにはいかなそうです。
 
どちらにも納得のいくものがない、、、という場合は、
フルオーダーメイドの結婚指輪はいかがでしょうか。
ご予算にもよると思いますが、
フルオーダーメイドは1からデザインを起こしますので
お二人でオリジナルデザインを作ってみるのも
きっと楽しいですよ。
 
フルオーダーメイドはすごく高いんじゃないか?
という方のためにお値段の目安として、
当店の結婚指輪のフルオーダーメイドは
2本で20万円~30万円前後で制作することが多いです。
ダイヤモンドの数が増えると
必然的にお値段が上がってきますので
そこはデザイナーと相談しながら
ダイヤモンドの数を決めてみてはいかがでしょうか。
 
 
③石の種類
 
どんな石を選ぶか?でも結婚指輪の印象は変わってきます。
結婚指輪に一番多く使われているのはダイヤモンドですが、
既製品では他の石に変えられる結婚指輪は少なく
石を選べるのはオーダーメイドのお店に
限定されてしまうかもしれません。
 
石には様々な色や輝き方があります。
ここでは石を選べる際に
おすすめの石をご紹介いたします。
 
 
ダイヤモンド:白:4月の誕生石
白と言いますが、実際は無色透明な石です。
輝きが強く小さくてもキラキラと光ります。
華やかな印象にしたい場合は数をまとめて付けると
パッと目を引く結婚指輪になります。
1つ留めてポイントにしても素敵です。
そして世界一硬い石です。
 
ルビー:赤:7月の誕生石
鮮やかな赤色の石です。
燃えるような赤とよく表現されています。
4大貴石の一つで硬度も高く丈夫です。
 
サファイア:青:9月の誕生石
深い青色の石です。
落ち着いた青なので男性にも人気の石です。
4大貴石の一つで硬度も高く丈夫です。
 
エメラルド:緑:5月の誕生石
明るいきれいな緑色の石です。
結婚指輪にパッと華やかな印象を持たせます。
4大貴石の一つですが、
石の性質はデリケートです。
強い衝撃には注意してください。
 
ブラックダイヤモンド:黒
黒いダイヤモンドです。
光を通さないので
白ほどキラキラと輝くことはなく
他の石と比べてもシックな印象です。
メンズジュエリーにも多く使われており
プラチナやK18ホワイトゴールドなどの
銀色の金属と合わせると
クールな印象になります。
 
カラーダイヤモンド:各色
色のついたダイヤモンドです。
hitotsuchiでは
ブルー/アイスブルー/イエロー/ブラウン
をご用意しています。
ブルー系のダイヤモンドは銀色系の
プラチナやK18ホワイトゴールドと相性が良く、
青色が美しく映えます。
イエローやブラウンは
K18イエローゴールドとよく馴染むので
白いダイヤモンドよりも
華やかさを抑えたい場合におすすめです。
 
また、お二人の誕生石を入れても素敵ですよ。
各月の誕生石もご紹介いたします。
 
1月  ガーネット(赤茶)
2月  アメシスト(紫)
3月  アクアマリン(水色)
4月  ダイヤモンド(白)
5月  エメラルド(緑)
6月  ムーンストーン(透明に青)
7月  ルビー(赤)
8月  ペリドット(黄緑)
9月  サファイア(青)
10月  ピンクトルマリン(ピンク)
11月  シトリン(黄色)、ホワイトトパーズ(透明)
12月  タンザナイト(青紫)
 
 
以上
ダイヤモンド付きの結婚指輪を選ぶときのコツでした。
 
次の章では
当店のフルオーダー制作事例から
ダイヤモンドや石がついている
素敵な結婚指輪をご紹介いたします。

 
 

3.ダイヤモンド付き結婚指輪のフルオーダーメイド制作事例


結婚指輪 オーダーメイド ダイヤモンド付き 男性用
当店のフルオーダー制作事例では
今までに制作したフルオーダーメイドの
結婚指輪・婚約指輪をご紹介しています。
 
今回のテーマが
男性が着けるダイヤモンド付きの結婚指輪なので、
石がついている素敵な結婚指輪を選んでみました。
 
結婚指輪のペア感なども
合わせてご覧になってください。
 
 
結婚指輪 オーダーメイド ダイヤモンド付き 男性用 NO.128 アイスブルーダイヤを使用した捻りの結婚指輪
ご主人様は槌目を施したセンターに1石の
アイスブルーダイヤモンドを埋め込みました。
奥様の結婚指輪は中央の1石をご主人様と同じ
アイスブルーダイヤモンドにされています。
ひねりという形状とセンターの石を合わせた結婚指輪です。
 
 
結婚指輪 オーダーメイド ダイヤモンド付き 男性用 No.140 お揃いの彫りを入れた結婚指輪
ご主人様はセンターとその斜め上に
クリアダイヤモンドを埋め込みされました。
奥様はハーフエタニティ調の結婚指輪です。
一見、共通のデザインが見当たりませんが、
実は裏側に・・・、詳しくは
是非写真をクリックした先のページをご覧ください。
 
 
結婚指輪 オーダーメイド ダイヤモンド付き 男性用 No.134両側面フルエタニティの結婚指輪
こちらはお二人とも共通のデザインで、
両側面にぐるっとダイヤモンドを一周入れています。
ご主人様はイエローダイヤ、奥様はムーンストーンです。
石が留まっている部分が側面なので
一見シンプルな結婚指輪にも見えますが、
チラッと見える石がなんとも素敵なデザインです。
 
 
結婚指輪 オーダーメイド ダイヤモンド付き 男性用 No.206 ダイヤモンドとお二人の誕生石を入れた結婚指輪
お二人ともハーフエタニティにした結婚指輪です。
クリアのダイヤモンドを留めていて、
右側の2石にアメシストとルビーを留めています。
奥様は重ね付け風に2つの金属を組み合わせました。
繊細なミルグレインを施していて素敵です。
 
 
シンプルに1石〜3石入れる方が多く、
クリアのダイヤモンドではなく、
カラーダイヤや誕生石を入れてたり
留める場所にこだわるかたもいらっしゃいます。
 
また、フルオーダーメイドならではの
石がたっぷり付いた結婚指輪も
実際に見てみると素敵だなと
思っていただけたら嬉しいです。
 
フルオーダーリング制作事例には
今回ご紹介した結婚指輪以外にも
様々な石付きの結婚指輪があります。
他の結婚指輪も気になっていただけましたら
フルオーダーリングの制作事例ページ
是非ご覧ください。

 
 

4.まとめ


今回は
男性が着けるダイヤモンド付きの結婚指輪について
書きました。
 
お二人にぴったりの結婚指輪探しに
お役に立てれば幸いです。

 
 

書いた人

スタッフ 小松
ジュエリーの専門学校と御徒町のジュエリー工房で制作経験を積む。ジュエリーの商社でMDとして3年務めたのち、2019年からhitotsuchiに仲間入り。WEBサイトやSNS更新など中の人を担当。ジュエリーコーディネーター3級。
好きなこと:カフェ・お菓子屋さん巡り、刺繍、カメラ、映画、読書

結婚指輪・婚約指輪のオーダーメイドショップ
hitotsuchi 東京代官山 東京都渋谷区猿楽町22-13
TEL 03-6455-0972
MAIL info@hitotsuchi.com
OPEN 12:00~19:00(水、第3日曜定休)
オフィシャルサイトFacebookInstagram
新しい記事1 2 3

Recent Posts

Archives