BLOG ・ ブログ


2020.12.15 Tuesday ブライダルコラム

結婚指輪のオーダーメイド方法②セミオーダーとフルオーダーの違い

結婚指輪と婚約指輪のオーダーメイド専門店が
結婚指輪のオーダーメイド方法について
ご紹介いたします。
 
後半は
「セミオーダーの結婚指輪」と
「セミオーダーとフルオーダーの比較」です。
 
結婚指輪のオーダーメイドに興味がある方や
気になるけどご相談する勇気が出なかった方へ
お店に行く前のご参考になれば幸いです。
 

 
 

1.結婚指輪をセミオーダーで作る


オーダーメイド 結婚指輪 左手
 
最近は結婚指輪をセミオーダーできるお店が
増えてきたと感じています。
 
カスタムオーダーやカスタムメイド、
セレクトオーダーと
呼んでいるところもありますね。
 
では結婚指輪をセミオーダーで作る場合、
どんなふうに進んでいくのでしょうか。
ここではお店選びから受取りまでの流れを
ご紹介いたします。
 
 
①まずはお店選び
セミオーダーのお店選びのポイントとしては
この3つを気にしてみてはいかかでしょうか。
 
1.結婚指輪のデザイン
2.選べるオプションの種類
3.納期

 
1はフルオーダーと違って
完成品を見ることができるので
まず結婚指輪のデザインが
比較の対象になると思います。
 
今はお店に行かなくても
SNSやウェブサイトから
様々なデザインを見ることができますね。
 
2は、セミオーダーの醍醐味である
「オプション」の種類です。
セミオーダーのオプションの種類は
お店によって結構差があると感じています。
どんなオプションが選べるかを
比較してみてはいかがでしょうか。
 
3は
セミオーダーは既製品と比べると
結婚指輪が完成するまで
時間がかかります。
 
お店によって制作期間が違いますので
必要な日が決まっていれば
納期の比較もお勧めします。
 
最後にもう一つ、
アフターサービスも
結婚指輪選びには大切な要素だと思うので
よろしければこちらもご覧ください。
結婚指輪のアフターサービスは必要?
 
 
②初回打ち合わせ
お店が決まったら
打ち合わせをしましょう。
 
セミオーダーの結婚指輪は
デザインをあらかじめある中から選びます。
 
さらに金属の種類や
追加するオプションなどを選んでいくので
時間は30分から、長くて1時間半くらい
かかることが多いです。
 
現在、ご来店での打ち合わせは
コロナ感染予防対策のため
予約が必要なところが
多くなっています。
 
また、来店での打合せ以外に
ウェブショップや
お電話やメールなどでも
ご注文を受付しているところが増えました。
 
現在の状況をふまえると
外出や移動が不安な方も多いと思いますので
お店が提案している方法の中で
お二人にあった無理のないご相談方法を
選んでいただければと思います。
 
 
③本制作
結婚指輪のデザインとオプションを
決定されたら本制作に入ります。
 
本制作の期間は
約1ヶ月〜2ヶ月くらい
かかるところが多いです。
 
フルオーダーと違って形が決まっているので
サンプルリングの作成とチェックはありません。
 
ご希望の金属で結婚指輪の本体を作り、
石留め、彫り、表面加工、刻印などを施して
お二人の結婚指輪を完成させます。
 
 
④お受取り
完成したセミオーダーの結婚指輪の受取です。
 
最初の打ち合わせから完成品の受け取りまで
約1ヶ月〜2ヶ月くらい
かかるところが多いです。
 
注文をいただいてから
一つ一つ作られるセミオーダー。
選べるオプションも様々なので
フルオーダーよりも手軽に
オーダーメイドの結婚指輪を楽しむことができます。

 
 

2.フルオーダー結婚指輪とセミオーダー結婚指輪の比較


結婚指輪 オーダーメイド 2色
ここでは
フルオーダー結婚指輪とセミオーダー結婚指輪を
価格・完成までの期間・労力・デザイン
比較してみました。
 
 
価格
結婚指輪の形から作ってゆく
フルオーダーと
あらかじめ結婚指輪の形が決まっている
セミオーダーでは
結婚指輪の制作工程から違うのと
フルオーダーの方が工程が多いため、
自ずと価格はフルオーダーの方が高くなります。
 
お店によって価格設定が違うので
世間一般だとこのくらい差があると言えないのですが、
当店の場合は結婚指輪2本で
セミオーダーの場合15万円~25万円前後
フルオーダーの場合20万円~30万円前後
で制作することが多いです。
 
 
完成までの期間
フルオーダーは
サンプルリングの制作が途中に入るので
セミオーダーよりも完成まで時間がかかります。
 
一般的に
セミオーダーは約2ヶ月、
フルオーダーは約4ヶ月くらいのお店が多いですが、
 
当店の場合の完成までの目安は
セミオーダーの結婚指輪は「約1ヶ月」
フルオーダーの結婚指輪は「約2ヶ月」
でご案内しています。
 
 
労力
フルオーダーは
真っ白な紙から始めるイメージ、
セミオーダーは
項目を選択していくイメージです。
 
どちらも楽しいと思いますが、
決めることが多いのは
やはりフルオーダーの結婚指輪。
 
正直、
セミオーダーと比べると
お客様にも大変な部分があると思うのですが、
 
デザイナーもしっかりと
サポートも致しますし
何より
世界で二人だけの結婚指輪が
完成した時の喜びは
とても大きいものだと思います。
 
 
デザイン
セミオーダーの結婚指輪は
デザインが決まっているので
完成品を見ることができます。
反面、指輪の形を自由に変えることはできません。
また、デザインのラインナップは
特徴的なものよりも
シンプルなデザインの方が多いです。
 
フルオーダーの結婚指輪は
初めから完成品を見ることはできませんが、
デザインから考え始めるので
形を自由に変えることができます。
ご希望やお好みに合わせられますので、
シンプルなデザインから特徴的なデザインまで
どんな結婚指輪も作ることができます。

 
 

3.まとめ


結婚指輪・婚約指輪のオーダーメイド専門店が
2回に分けてオーダーメイドの結婚指輪について
詳しく書いてみました。
 
これから結婚指輪をお探しの方が
オーダーメイドの結婚指輪に
少しでもご興味を持っていただければ嬉しいです。
 
普段の買い物とはまた違う
オーダーメイドという注文方法。
この特別な方法で
結婚指輪を作ってみてはいかがでしょうか。

 
 

書いた人

スタッフ 小松
ジュエリーの専門学校と御徒町のジュエリー工房で制作経験を積む。ジュエリーの商社でMDとして3年務めたのち、2019年からhitotsuchiに仲間入り。WEBサイトやSNS更新など中の人を担当。ジュエリーコーディネーター3級。
好きなこと:カフェ・お菓子屋さん巡り、刺繍、カメラ、映画、読書

結婚指輪・婚約指輪のオーダーメイドショップ
hitotsuchi 東京代官山 東京都渋谷区猿楽町22-13
TEL 03-6455-0972
MAIL info@hitotsuchi.com
OPEN 12:00~19:00(水、第3日曜定休)
オフィシャルサイトFacebookInstagram
2020.12.13 Sunday ブライダルコラム

結婚指輪のオーダーメイド方法①オーダーメイドの種類

結婚指輪は、
海外ブランド、国内のブライダルリング専門店、
オーダーメイド、ネットショップなど、
様々な場所や方法で買うことができます。
 
中でも「オーダーメイド」という注文の方法は
普段の生活の中ではご経験が少ない方の方が多い
特別感のある注文方法です。
 
特別感があるからこそ
得体が知れない部分が多く
不安な方もいるかもしれません。
 
そこで今回は
結婚指輪と婚約指輪のオーダーメイド専門店が
結婚指輪のオーダーメイド方法について
2回に分けて書いていこうと思います。
 
今回は「オーダーメイドの種類」と
「フルオーダーの結婚指輪」について。
 
結婚指輪のオーダーメイドに興味がある方や
気になるけどご相談する勇気が出なかった方へ
お店に行く前のご参考になれば幸いです。
 

 
 

1.結婚指輪のオーダーメイド方法の種類


結婚指輪 オーダーメイド 2色
結婚指輪のオーダーメイドには
大きく分けて2つの方法があります。
 
一つ目はフルオーダー 。
 
フルオーダーは結婚指輪の
デザインを1から作り出すオーダー方法です。
 
基本的に
デザイナーがお客様からご希望を伺い
お店にあるサンプルリングを見たりして、
お客様の思う結婚指輪の形を絵に描きながら
結婚指輪の形を1から作っていきます。
 
オーダーメイドという言葉から
このフルオーダーを
連想される方も多いのではないでしょうか。
 
フルオーダーという言葉を聞くと
作りたいものが明確にある方の為のもの
とも思われがちですが、
お店側からすると
特に明確なイメージがなくても大丈夫です。
 
希望するイメージが明確なお客様へは
デザイン画に書いてみて
ジュエリーとしての耐久性を考慮しながら
指輪のサイズによっては形を微調整したり
着け心地などをご案内したりと
お客様のイメージをより明確にしていきます。
 
まだイメージがないお客様へも
デザイナーがしっかりとサポートいたします。
お好みの形や雰囲気を探すところから
着け心地や厚み・太さなどの提案をさせていただき
デザイナーも一緒になって
お二人の結婚指輪の形を作っていきます。
 
イメージがあっても、イメージがなくても
世界で一つのオリジナルデザインの結婚指輪が欲しい方へは
フルオーダーの結婚指輪がおすすめです。
 
 
 
二つ目の方法はセミオーダー。
 
セミオーダーは
セレクトオーダーやカスタムオーダー、
カスタムメイドとも
言われています。
 
基本的には
既にある結婚指輪のデザイン中から
お好きなデザインをお選びいただく方法ですが、
ここまでは既製品の結婚指輪と同じです。
 
セミオーダーが既製品とは違う点は、
豊富なオプションが選べるところです。
 
お店によってオプションの種類は違いますが
例をあげると、
・金属の種類を自由に選択できる
・表面加工を変えられる
・石を追加できる
・石の数を変えられる
・装飾(ミルグレインや彫りなど)を追加できる…etc
 
などがあり、
既存の結婚指輪のデザインに
オプションを選択することで
様々なアレンジを施すことができます。
 
フルオーダーのように
結婚指輪の形から決めるまでいかずとも
結婚指輪にアレンジをしたい方や、
 
形はシンプルな結婚指輪を探しているけど
既製品では物足りない、
表面加工を自由に変えたい、
石を追加したいという方は
 
セミオーダーの結婚指輪を
おすすめいたします。
 
結婚指輪のオーダーメイド方法の種類は
大きく分けるとこの
フルオーダーとセミオーダーの2つです。
 
次の章では
フルオーダーの結婚指輪について
より詳しく書いていこうと思います。

 
 

2.結婚指輪をフルオーダーで作る


結婚指輪 フルオーダー デザイン
選んだものをレジに持っていく
普段の買い物とは全く違う、
フルオーダーという注文方法。
 
結婚指輪をフルオーダーで作る場合、
どんなふうに進んでいくのでしょうか。
ここではお店選びから受取りまでの流れを
ご紹介いたします。
 
 
①まずはお店選び
フルオーダーの結婚指輪だと
・既製品のように事前に完成を見ることができない
・自分たちの好みに合うか
というような心配ごとがありますよね。
 
お店選びのポイントとしては
この3つを気にしてみてはいかかでしょうか。
 
1.制作事例を見ることができるか
2.結婚指輪のデザインが好みか
3.お店の雰囲気、発信しているSNSなどが好みか

 
1はお店が今までに作った
結婚指輪の制作の事例を見ることができるかです。
オーダーメイドができるお店は
ウェブサイトに今までに制作した結婚指輪が
掲載されていたりします。
 
2はお店が作っている結婚指輪が
自分たちの好みと合うかどうか。
もしかしたらフルオーダーにすると
奇抜なデザインになってしまうのではないか?
という不安もあるかもしれません。
 
最近のお店は、結婚指輪の着け心地や
デザインの面での普段の着けやすさも
しっかり考慮しているところが多いと思います。
こちらも制作事例を見つけて
じっくり指輪のデザインを見てみて下さい。
ご自身のデザインの参考にもなると思います。
 
3はお目当ての店舗の雰囲気や
ウェブサイトやSNSの雰囲気、
先ほど挙げた結婚指輪の制作事例などを
是非ご覧になってみてください。
 
指輪以外にも店舗の内装や
結婚指輪をお渡しする際の箱、
ウェブサイトやSNSなども
お店の世界観を表しているものの一つです。
 
今までにお店が作ってきたものが
お二人の好みと合っているか?
好きなデザインか?
というのもお店を選ぶ上で
重要なポイントだと思います。
 
最後にもう一つ、
アフターサービスも
結婚指輪選びには大切な要素
だと思うので
よろしければこちらもご覧ください。
結婚指輪のアフターサービスは必要?
 
 
②初回打ち合わせ
お店が決まったら
打ち合わせをしましょう。
 
初回の打ち合わせでは
近いデザインのサンプルリングを見たり、
ご希望のデザインのデザイン画を書いて
結婚指輪の形を明確にしていきます。
最後にはサンプルリングを制作するために
結婚指輪のデザインを決定します。
 
結婚指輪のデザインを決めるため、
時間は1時間から、長くて2時間くらい
かかることが多いです。
 
現在、ご来店での打ち合わせは
コロナ感染予防対策のため
予約が必要なところが多くなっています。
また、来店での打合せ以外に
お電話やメールなどでも
受付しているところも増えました。
 
正直なところフルオーダーは、
既製品やセミオーダーよりも
デザイナーとのやりとりが多いことから
特に初回の打合せ方法としては
ご来店が一番スムーズではあると思いますが、
 
現在の状況をふまえると
外出や移動が不安な方も多いと思いますので
お店が提案している方法の中で
お二人にあった無理のないご相談方法を
選んでいただければと思います。
 
注意点:
打ち合わせとデザイン画の制作は
無料のお店と有料のお店があるので
事前にご確認をお勧めします。
 
 
③サンプルチェック
初回の打ち合わせで決めた
結婚指輪サンプルのチェックをします。
 
サンプルチェックは
本制作と全く同じ形のものを作るため
初回打ち合わせから
約1ヶ月〜2ヶ月後くらいにあります。

 
サンプルチェックは
今までにないものを作る
フルオーダーという方法には
完成品とほぼ同じもので確認ができるので
お客様としてもお店側としても
あると安心できるものだと思います。
 
サンプルチェックでは
完成品と全く同じ形のリングを
立体、もしくはデータ上で確認します。
これをサンプルリングと言います。
 
サンプルリングの素材や状態で
主要なものは下記の3つです。
 
・金属(シルバーや真鍮など)
・樹脂やワックス(蝋)
・3Dデータ(データのみで物体なし)

 
金属や樹脂やワックスのサンプルリングは
実際に指に着けて試すことができますが、
3Dデータは立体的に見ることはできますが
データ上での確認のため指に着けることはできません。
 
また、着け心地の確認という面では
金属のサンプルリングは
樹脂やワックスよりも
本制作の結婚指輪に近いです。
 
より完成品と近いものでサンプルチェックをしたい場合、
金属>ワックス・樹脂>3Dデータ
の順でお勧めします。
 
サンプルリングの素材は
一つのお店で複数扱っているというよりも、
Aというお店は金属、Bというお店はワックス
という感じで固定されていることがほとんどなので
 
より完成品と近いもので
確認できるところをお探しであれば
金属のサンプルリングを制作してくれるお店から
選んでみてはいかがでしょうか。
 
初回の打ち合わせ同様にご来店か、
サンプルリングをご自宅に配送して
メール、お電話でのやりとりが
選べる場合があります。
 
サンプルチェックで
修正点があれば修正し、
再度お客様にチェックをしてもらいます。
修正が大きければ再度チェックが
後日になることがあります。
 
サンプルチェックでお客様からOKが出れば
素材をプラチナやゴールドに変え
本制作に入ります。
 
注意点:
サンプルリングを作るお店・作らないお店、
サンプルリング制作が無料のお店・有料のお店、
ご成約の場合に代金より差し引かれるお店
などがあります。
こちらもお店により違いますので
チェックしてみてください。
 
サンプルリングの素材については
大体はウェブサイトに書いてあり、
「オーダーの流れ」というようなページに
書かれていることが多かったです。
 
 
④本制作
サンプルチェックが終わり、
お客様がデザインを気に入っていただけたら
素材をプラチナやゴールドに変えて
本制作に入ります。
 
本制作の期間もサンプルリングと同じくらいで、
サンプルチェックの日から
約1ヶ月〜2ヶ月くらいかかるところが多いです。

 
ご希望の金属で結婚指輪の本体を作り、
石留め、彫り、表面加工、刻印などを施して
お二人だけの結婚指輪を完成させます。
 
 
⑤お受取り
完成したフルオーダーの結婚指輪の受取です。
初回打合せの日から数えると
約2ヶ月〜4ヶ月くらいで完成品受取り

になるところが多いです。
 
既製品や海外ブランドなどに比べると
お店とのやり取りも多く、
完成までに長い時間を要しますが、
それでも世界で二人だけの結婚指輪が完成したことに
喜んでくれる方が沢山いらっしゃいます。

 
 

3.まとめ


今回は
・結婚指輪のオーダーメイド方法の種類と
・結婚指輪をフルオーダーで作る
について書いていきました。
 
次回は
・結婚指輪をセミオーダーで作る
・フルオーダーとセミオーダーの比較
について書いていこうと思います。
次回もお楽しみに。

 
 

書いた人

スタッフ 小松
ジュエリーの専門学校と御徒町のジュエリー工房で制作経験を積む。ジュエリーの商社でMDとして3年務めたのち、2019年からhitotsuchiに仲間入り。WEBサイトやSNS更新など中の人を担当。ジュエリーコーディネーター3級。
好きなこと:カフェ・お菓子屋さん巡り、刺繍、カメラ、映画、読書

結婚指輪・婚約指輪のオーダーメイドショップ
hitotsuchi 東京代官山 東京都渋谷区猿楽町22-13
TEL 03-6455-0972
MAIL info@hitotsuchi.com
OPEN 12:00~19:00(水、第3日曜定休)
オフィシャルサイトFacebookInstagram
2020.11.20 Friday ブライダルコラム

結婚指輪のアフターサービスは必要?

結婚指輪や婚約指輪を探していると
「アフターサービス」というものを
見かける事があると思います。
 
結婚情報誌や情報サイトなどでも
結婚指輪を選んだ理由の一つとして
「アフターサービスが充実している」
が挙げられていることもあるので、
 
アフターサービスが大切そうだいうことは
なんとなくご存知かもしれません。
 
でもまだ結婚指輪を買った事がない方には
どんなことでアフターサービスが必要になるのか、
もしかしたらそこまで必要ないのではないか
気になるところですよね。
 
結婚指輪を購入した後
どんな時にアフターサービスが
必要になるのでしょうか。

 
今回は結婚指輪のオーダーメイド専門店が
結婚指輪のアフターサービスの必要性について
書いていこうと思います。
 

 
 

1.結婚指輪のアフターサービスとは


桃 結婚指輪 オーダーメイド
結婚指輪のアフターサービスとは、
お店などで購入した結婚指輪や婚約指輪が
購入後になにかあった時に、
お店が対応してくれるサービスのことです。
 
このアフターサービスは
ほとんどの結婚指輪に付いていて
お店がアフターサービスを
つけている理由は3つあります。

 
1つは、
お客様に結婚指輪や婚約指輪を
長くご愛用頂くためです。
 
結婚指輪は数十年と
長い期間の装着を想定して
ある程度の強度で作られていますが
曲がる可能性もあります。
また、年を重ねるにつれ
指のサイズが変わることもあります。
 
結婚指輪に何かあった時に
それっきりではなく
その後も長く使い続けていただけるように
アフターサービスをつけています。
 
2つめは、
結婚指輪を買ってくれたお客様が
修理をどこへ頼んだら良いかで
困らないためです。
 
色々なところに
ジュエリーショップはありますが、
修理受付は自社商品のみ
というところが多いです。
 
フリーで修理をしてくれる
ところが少ないので
アフターサービスが付いてないと
修理できるところを探したりと
色々と手間がかかります。
 
そのためアフターサービスを付けて
買っていただいたお客様が修理が必要な際に
困ることが無くスムーズに
修理に出せるようにしています。
 
3つめは、
結婚指輪や婚約指輪、
その他ジュエリーも含め
買ったところへ修理やサイズ直しに出す方が
お客様としてもお店としても良いからです。
 
ジュエリーは各社で作り方が違うため
どのように作られたかを見誤ると
修理中に指輪が壊れてしまう
可能性があります。
 
また、他社に修理に出した結婚指輪が
壊れてしまった場合、
一度他社で修理したものは
自社製品であっても修理を受付していない
ということもあります。
 
これも他社が行った修理方法がわからないので
さらに壊れてしまう可能性があるからです。
 
なのでお店としては可能な限り
買ったところに修理を出していただきたい
という思いから
アフターサービスを設けています。
 
もちろん、
他社のジュエリーの修理を受付しているお店や
リメイクをメインで扱っているお店もあります。
修理に対しての技術や知識が
とても長けているお店だと思うので
購入店で相談が難しい場合は
相談してみるのもありだと思います。
 
先ほどあげた3つの理由から、
結婚指輪・婚約指輪をつけ続けるためには
アフターサービスは
お客様もお店としても
とても大事なものだと言えます。
 
次の章では
よくあるアフターサービスの種類を
ご紹介いたします。
 
 

2.代表的な結婚指輪のアフターサービスの種類と必要な時


結婚指輪 オーダーメイド 印台
結婚指輪や婚約指輪のアフターサービスには
どんな種類があるのでしょうか。
またどんな時に必要なのでしょうか。
 
この章では代表的な4つと
必要になる時をご紹介いたします。
 
ほとんどのお店で着けていると思いますが
この4つのアフターサービスは
あった方が安心です。

 
反対に、それ以外のサービスは
使う頻度は低めだと思います。
 
またお店によって期間や料金
(永年無料、期間・回数限定無料、有料など)
は違います。
 
案外、サービスの多さよりも
代表的なサービスが
「いつまでの期間が対象で何が無料・有料なのか?」
の方が大切な場合の方が多いかもしれません。

 
気になったお店がありましたら
是非聞いてみましょう。
 
ついでに当店の場合
代表的な4つのサービスは
回数制限なしで永年無料です。
その他に刻印の追加や表面加工の変更などが
無料でできます。
気になる方は是非こちらもご覧ください。
hitotsuchi アフターサービスについて
 
 
代表的な4つのサービス
 
・サイズ直し
結婚指輪のサイズが指と合わなくなった時には
サイズ直しというものがあります。
 
指輪が緩くなってしまった場合はもちろん、
きつくなってしまった場合も対応してくれます。
 
お店によっては
大幅なサイズ変更ができなかったり
サイズ直しを受付していない
指輪のデザインもあるようなので
購入前に確認してみてください。
 
一般的にサイズ直しが難しいと言われているのは
フルエタニティリングという
ダイヤが一周ついている結婚指輪や
外側に柄が一周続いていている
結婚指輪が多いですが、
最近はフルエタニティでも
サイズ直しを行ってくれるお店が
増えてきたように思えます。
 
 
・磨き直し(またはクリーニングとも言います)
長年つけている結婚指輪のくすみが気になる、
また結婚式や写真撮りの前に綺麗にしたい時は、
磨き直しというものがあります。
 
表面を綺麗に磨いて小傷を取り、
買った当時と同じくらいピカピカにできます。
 
ただ、短い期間に何度も磨く事は
お勧めしません。
※前撮りや結婚式のために、購入の数ヶ月後に
磨き直しに出すのは気にしなくても大丈夫です。
 
磨くという事は
表面を薄く削る事なので
磨き過ぎると金属が薄くなってしまいます。
薄くなると強度の面が心配です。
 
磨き直しをする場合は最低1〜2年は
間隔を空けてご依頼いただいた方が
良いと思います。
お勧めは結婚5年、10年などの
節目にしてみてはいかがでしょうか。
 
また、磨き直しは結婚指輪のケアとして
絶対必要というものではないです。
そのまま傷を残して
お二人の時間を結婚指輪に刻んでいくのも
素敵だと思います。
 
 
・歪み直し
何かの拍子で結婚指輪が歪んでしまった時は
この歪み直しで直す事ができます。
 
よく聞く歪んでしまった原因は
重いものを持ったら
結婚指輪が歪んでしまった、
結婚指輪を落として
その上に重いものが乗って
歪んでしまったなどです。
 
結婚指輪に使われる金属は
比較的硬い素材ではありますが、
強い力が加わると曲がります。
 
また、石付きの結婚指輪は
金属が歪むと石が取れる可能性があります。
基本的に石代は別途料金がかかることが多いので
取れてしまった石がある場合は
保管して修理と一緒にお持ちください。
ただし、取れた石が欠けていたり割れていると
留めることができないので
石代がかかることもあります。
 
鋼のようにちょっとやそっとでは曲がらない
硬い金属もありますが、
なぜジュエリーに使わないかというと
硬さの面で言えば
細かな装飾や加工が難しいためです。
その分、金やプラチナは
ある程度の硬さを持っていて
装飾や加工がしやすいので
ジュエリーに最適の金属と言えます。
 
 
・石の留め直し、緩み直し
結婚指輪や婚約指輪についている石は
接着剤ではなく金属の力で石を留めているため
金属が歪んだり、強い衝撃が当たると
石が取れる可能性があります。
 
石が取れてしまった、
石がカタカタ揺れていて取れそうな時は
石の緩み直しや留め直しをご利用ください。
 
先ほど歪み直しの部分にも書きましたが、
石代は別途料金がかかるところが多いので
取れてしまった石がある場合は
一緒にお持ちいただいた方が良いと思います。
 
また、取れた石があっても
石が欠けていたり割れていると
留めることができないので
石代がかかることがあります。
 
石の値段はお店によって違いますが、
小さな石はそこまで高くはならないと思います。
 
ただ婚約指輪に使われるような
大粒の石が紛失や割れ欠けで使えない場合は、
高額の石を再度購入することになりますので
修理をする際はお見積もりを出してもらったり
お店の方とよくご相談なさってください。
 
次の章は
アフターサービスの必要な度合いです。
 
 

3.アフターサービスの必要な度合い


結婚指輪 オーダーメイド ゴールド
前章では代表的なアフターサービスの種類と
どんな時に必要なのかを書きました。
ご紹介した4つのサービスが入っていれば、
購入後も安心できると思います。
 
その中で必要な度合いとなると
正直全部だなと思うのですが、、、
 
各々大切にしたいところが違ったり
お店によって料金や期間などの違いもありますから
必要性が高めに当てはまるサービスが、
無期限の方が良いですし、
できたら無料の方が良いですよね。
 
なので今回は
大まかに結婚指輪の着け方のタイプを分けて
必要になる度合いを★で表していこうと思います。
 
結婚指輪を買うお店が決まっている方には
あまり関係ないのですが、
もしどのお店にしようか悩まれているなら
こんな風な比較の仕方もあるのかなと思います。
 
また、統計ではないので一つの考え方として
見ていただけると嬉しいです。
 
 
例)
必要性が高め ★★★
必要性が低め ★
 
項目
・サイズ直しの必要性(指と指輪のサイズの合わなくなりやすさ)
・磨き直しの必要性(傷つきやすさ)
・歪み直しの必要性(曲がりやすさ)
・石の留め直しの必要性(石の取れやすさ)
 
 
結婚指輪はつけっぱなしにするタイプ
・サイズ直しの必要性  ★ ★ ★
・磨き直しの必要性   ★ ★ ★
・歪み直しの必要性   ★ ★ ★
・石の留め直しの必要性 ★ ★ ★
 
結婚指輪をつけっぱなしの場合、
使用頻度が多いことから
傷と歪みの可能性があるので
その際のサービスはついていた方が良いと思います。
 
また、サイズ直しも
指が細くなった場合は着けづらくなるため
必要だと思います。
 
指が太くなった場合は
指輪のサイズに指が合ってくるので
そこまで必要なはいのですが、
そのままにすると外れなくなる事があるので
頑張れば外れるけど結構きついと感じたら
サイズ直しをご検討ください。
 
なかなか指輪が外れない時は
石鹸を使うと外れやすいです。
何をしても外れない時は
消防署に行ってリングカッターで
指輪を切断してもらうこともできますが、
できればその前に
サイズ直しに出すのがお勧めです。
 
 
仕事の時、外出時に結婚指輪を着けるタイプ
・サイズ直しの必要性  ★ ★
・磨き直しの必要性   ★ ★
・歪み直しの必要性   ★ ★ ★
・石の留め直しの必要性 ★ ★ ★
 
つけっぱなしの方よりも頻度が少し少ないので
傷はつきにくいかもしれませんが、
仕事内容によっては結婚指輪が
歪んだり石が取れやすい可能性もあるので
歪み直しの必要性は高めにしました。
 
 
家でのみ結婚指輪を着けるタイプ
・サイズ直しの必要性  ★ ★
・磨き直しの必要性   ★ ★
・歪み直しの必要性   ★ ★
・石の留め直しの必要性 ★ ★
 
こちらもつけっぱなしの時よりは頻度が少ないのと
日常生活ではそこまで歪んでしまう可能性も
少ないと思うので仕事・外出時で使うよりも
★は少なめにしました。
 
 
結婚指輪はほどんどつけないタイプ
・サイズ直しの必要性  ★ ★ ★
・磨き直しの必要性   ★
・歪み直しの必要性   ★
・石の留め直しの必要性 ★
 
普段は着けず特別な時にしかつけない場合は、
傷や歪む可能性が少ないのですが、
久しぶりに結婚指輪をつけた時に
指のサイズが変わってしまって
指輪がつけられないということもあるので、
サイズ直しの必要性は高いと思います。
 
 
以上、4つのタイプに分けてみましたが
どんな風に結婚指輪を保ちたいか
という点でも必要なサービスは違うと思います。
 
結婚指輪を綺麗に保ちたい方
どんなタイプでも磨き直しや歪み直しは必要ですし、
結婚指輪の使用感を楽しみたい方
24時間つけっぱなしでも
磨き直しはあまり必要ないかもしれません。
 
先ほども書きましたが、
必要性の高いサービスが、
できたら無期限で無料の方が良い
と思うので、
 
タイプ別に見たり、
どんな風に結婚指輪を保ちたいかによって
ご自身にとっての必要なサービスを
考えて探してみてはいかがでしょうか。
 
 

4.まとめ


今回は
「結婚指輪のアフターサービスは必要?」について
書いていきました。
 
アフターサービスの比較の方法としては
数の多さというよりも
 
よく使う代表的なもの
(磨き直し、サイズ直し、歪み直し、石の留め緩み直し)
が入っているかや、
その料金や期間の違いを比べてみると良いと思います。
 
さらに代表的なサービスの中でも
料金や期間が違う場合は
結婚指輪を着ける生活スタイルから
何が一番必要なのかを絞ってみてはいかがでしょうか。
 
ぜひご自身に合ったアフターサービスを
見つけてみてくださいね。

 
 

書いた人

スタッフ 小松
ジュエリーの専門学校と御徒町のジュエリー工房で制作経験を積む。ジュエリーの商社でMDとして3年務めたのち、2019年からhitotsuchiに仲間入り。WEBサイトやSNS更新など中の人を担当。ジュエリーコーディネーター3級。
好きなこと:カフェ・お菓子屋さん巡り、刺繍、カメラ、映画、読書

結婚指輪・婚約指輪のオーダーメイドショップ
hitotsuchi 東京代官山 東京都渋谷区猿楽町22-13
TEL 03-6455-0972
MAIL info@hitotsuchi.com
OPEN 12:00~19:00(水、第3日曜定休)
オフィシャルサイトFacebookInstagram
新しい記事1 2 3 4 5 ... 10

Recent Posts

新しい記事1...23

Archives